So-net無料ブログ作成
その男、副署長 ブログトップ

その男、副署長3・第10話(最終回) [その男、副署長]

「殺人犯は人間でいることをやめた生きもんなんだからよ」



「人はな、一生 悪人でいることなんかできないんだよ。いつか、本当の後悔が始まるんだ」



「死んだ人っていうのは、生きる人間の支えになってくれるんですよね。それだけは、どんなに凶悪な殺人者だって奪えません。犯罪はあなた方の人生をすべて奪えるわけじゃないんです」


テレビ朝日/2009年12月17日放送
【脚本】
櫻井武晴
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

その男、副署長3・第9話 [その男、副署長]

「親の務めは、子供に愛情を注ぐ以外にないんです」


テレビ朝日/2009年12月10日放送
【脚本】
吉本昌弘
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

その男、副署長3・第8話 [その男、副署長]

「人生を捨てることが、あんたにとって償いだったのか?(中略) あんたは償ったんじゃない。罪を重ねただけだ」


テレビ朝日/2009年12月3日放送
【脚本】
岩下悠子
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

その男、副署長3・第3話 [その男、副署長]

「人生につまずいた時、とんでもねえ方向に恨みを向ける人間は、いくらでもいるぜ」



「ガキがいちばん喜ぶのは、自分のイタズラで世間が騒ぐこと。世間が騒げば、別のガキがイタズラを真似する。時には、無視するのもオレたち(記者)の仕事だ」


テレビ朝日/2009年10月29日放送
【脚本】
岩下悠子
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

その男、副署長3・第1話(2時間スペシャル) [その男、副署長]

「これからもずっと苦しみ続けるであろうこの2人に、一言の謝罪で済ませてはならない。せめて、彼らが苦しんだ20年と同じだけ、警察も苦しまなければならない」



「2人の涙を思うと、本当に胸が痛むわ。でも、そんな一握りの涙で、警察は前が見えなくなってはいけない。あたしはそう思います」



「この世に悲劇は2つしかないのかもしれない。力のある悲劇と、力のない悲劇だ。(中略) もしあの時、警察に真犯人を捕まえる力があったら。もしあの時、警察に真実を握りつぶす力がなかったら・・・」



「私がこれからも生きるには、恨む人間が必要なのです」


テレビ朝日/2009年10月15日放送
【脚本】
櫻井武晴
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

その男、副署長 ~京都河原町署事件ファイル~2・第10話(最終回) [その男、副署長]

「あんたたちはクズなんかじゃない。でもな、人間は自分をクズ呼ばわりした瞬間、本物のクズになるんだ」


テレビ朝日/2008年9月4日放送
【脚本】
塩田千種
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

その男、副署長 ~京都河原町署事件ファイル~2・第9話 [その男、副署長]

「自分の流儀を他人に押しつけるのは、人として未熟な証拠」



「人間、勇気出すには時間がかかるもんや」


テレビ朝日/2008年8月28日放送
【脚本】
岩下悠子
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

その男、副署長 ~京都河原町署事件ファイル~2・第4話 [その男、副署長]

犯人ホシは、モンスターだから犯罪に手を染めるんじゃないんです。人間だから、罪を犯すんですよ」



「犯罪者が(犯した)罪から目を上げた時、向かい合った人間が彼らの更生を信じたとしたら・・・。信じれば、必ず心が通じます。通じれば、そこから何かが始まります」



「逮捕は制裁の始まりじゃない。犯罪者の更生への第一歩だ」


テレビ朝日/2008年7月24日放送
【脚本】
塩田千種
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

その男、副署長 ~京都河原町署事件ファイル~2・第3話 [その男、副署長]

「自分の言葉に責任を持たねえ連中や、名前を名乗りもしないで他人を攻撃する連中が、あまりにも多すぎるよ」



「あんたの怒りをオレに代弁させんな。訴えたいことがあるんだったら、自分でペンを取れ」


テレビ朝日/2008年7月17日放送
【脚本】
岩下悠子
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

その男、副署長 ~京都河原町署事件ファイル~2・第2話 [その男、副署長]

「正義になあ、大人も子供もねえんだよ」



「人って、誰でも殺人犯になる可能性あるんじゃないかな。殺さないでいられるのは、たぶん・・・ラッキーなことなのよ」


テレビ朝日/2008年7月10日放送
【脚本】
塩田千種
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

その男、副署長 ~京都河原町署事件ファイル~2・第1話(スタートスペシャル) [その男、副署長]

「トップを目指すの、大いに結構ですがねえ、上だけ見てていいんすか」



「加害者っていうのは、弱い人間なんです。弱い者が、自分の弱さに負けて凶行に走る。弱い連中の心の悲鳴、それが犯罪なんです。その声に耳を傾ければ、次の犯罪は防止できる」



「子供はアドバルーン。好きなように大空を泳がせてやればいい。親はその重しでいい」


テレビ朝日/2008年7月3日放送
【脚本】
塩田千種
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

その男、副署長 ~京都河原町署事件ファイル~・第8話(最終回) [その男、副署長]

「やけ酒を飲むなって言ってんだよ。飲むんだったら、希望の酒を飲め」



「警察の怠慢、暴走を正すのが、おまえたち(マスコミ)の仕事じゃないのか。そのおまえが、犯人探しなんていう暴走をしてどうするんだよ」


テレビ朝日/2007年6月14日放送
【脚本】
櫻井武晴
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

その男、副署長 ~京都河原町署事件ファイル~・第7話 [その男、副署長]

「目に見える成果だけを追いかけてたら、人間は大事なものを見失っちまう」



「人間、追い詰められたら、もろいもんだ。心なんか、簡単に壊れちまう。でもな、ここを乗り切れば、必ず明日が見えてくる」


テレビ朝日/2007年6月7日放送
【脚本】
塩田千種
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

その男、副署長 ~京都河原町署事件ファイル~・第6話 [その男、副署長]

「警察の仕事は敵討ちじゃねえぞ」


テレビ朝日/2007年5月31日放送
【脚本】
岩下悠子
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

その男、副署長 ~京都河原町署事件ファイル~・第4話 [その男、副署長]

「自分がきつけりゃ、まわりもきつくなる。まわりがきつくなりゃ、衝突が起きる。たまには緩めないと」


テレビ朝日/2007年5月17日放送
【脚本】
塩田千種
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

その男、副署長 ~京都川原町署事件ファイル~・第1話 [その男、副署長]

「ナンバー1とナンバー2が馴れ合うのは、決していいことではありません。しかし、表立って反目しあうのは、いかがなものかと」


テレビ朝日/2007年4月26日放送
【脚本】
塩田千種
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
その男、副署長 ブログトップ