So-net無料ブログ作成
パーフェクトワールド ブログトップ

パーフェクトワールド・第10話(最終回) [パーフェクトワールド]

「入院中、つぐみはわたしを必死に支えてくれた・・・心が折れないように、前に向けるように、これからも生き続けたいと思えるように。そんなつぐみを支えてくれていたのは、鮎川さん、あなただったんだね。わたしは障害があるというだけで、きみを弱者だと決めつけていた。弱者は守られる存在で、(誰かを)守る存在ではないと決めつけていた。病院できみたちを見たとき、自分の間違いに気づいたんだが、認めるのに時間がかかった。弱いのは わたしのほうだ」



「幸せな苦労だもん、喜んでするよ」



「健常者だろうが、障害者だろうが、みな欠けているものがあって当たり前で、完璧な人間なんていない。でも、その欠けている部分を補い合い、支え合うことのできるパートナーや家族、友人を見つけるだけで、この世界は輝きを放つ」


フジテレビ/2019年6月25日放送
【脚本】
中谷まゆみ/【原作】有賀リエ
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

パーフェクトワールド・第7話 [パーフェクトワールド]

「圭吾さんに負担をかけたくない一心で、(楓さんは)夢をあきらめようとしてる。そのほうが彼のためだって。彼が好きだから、不幸にしたくないから、いっそのこと別れたいって。違うのに。その言葉がいちばん圭吾さんを不幸にしてるのに」


フジテレビ/2019年6月4日放送
【脚本】
中谷まゆみ/【原作】有賀リエ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

パーフェクトワールド・第6話 [パーフェクトワールド]

「障害 持ってるほうが壁 作ったら、相手は入ってこようにも、入ってこれないよ。その壁 取っ払うのが “心のバリアフリー” ってやつじゃないの」



「オレの幸せは、おまえのそばにいること。おまえの笑顔を見ること。おまえを喜ばせることだ。わかるか、おまえの夢をかなえることが、オレの夢で、オレの幸せなんだよ。それを、おまえは奪おうとしてるんだぞ。先のことなんか、どうだっていいよ。いまはオレたちにできることを全力でやろう。オレはあきらめないぞ。おまえの夢も、オレの夢も、絶対、両方かなえてみせる」


フジテレビ/2019年5月28日放送
【脚本】
中谷まゆみ/【原作】有賀リエ
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

パーフェクトワールド・第5話 [パーフェクトワールド]

「おまえらって、純愛を絵に描いたようなカップルだよな。きれいすぎるんだよ。こんなきれいなもんが、そんなに長く続くのかって(思ってしまう)」



「愛があれば障害は乗り越えられるなんて幻想よ。歩けないこと、介助が必要な生活、いつ起こるか わからない合併症、障害が進んでしまうことへの不安――。彼にとったら、すべてが日常なの。きれいごとじゃすまないの。障害を日常として とらえることが できなければ、いくら愛し合ってても、一緒に生きてくことなんて できないのよ」


フジテレビ/2019年5月21日放送
【脚本】
中谷まゆみ/【原作】有賀リエ
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

パーフェクトワールド・第4話 [パーフェクトワールド]

「恋愛するのに、努力や忍耐は必要ないはずだろ」



「障害を負ったからこそ、学べたことは山ほどあります。でも、だからって障害者でよかったなんて思ったことは一度もない。なんで自分だけこんな目にって、いまでも思うし、できることなら、障害なんかない人生を送りたかった。それが本音です」


フジテレビ/2019年5月14日放送
【脚本】
中谷まゆみ/【原作】有賀リエ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

パーフェクトワールド・第2話 [パーフェクトワールド]

「視覚障害者にとって必要な点字ブロックは、車椅子ユーザーには通行の妨げになったり・・・。いまはバリアフリーやユニバーサルデザインが当たり前の時代なんだけど、あちらを立てればこちらが立たずってことが多くてさ」



「なんで、あいつだけが犠牲になるって決めつけてんだ。健常者だけが障害者の犠牲になるっていうのは、思い込みなんじゃないのかな。おまえだって、彼女に振り回されて、時間や仕事を犠牲にしなきゃならないかもしれない。多かれ少なかれ、自己犠牲の精神がないと、恋愛なんて続かないぞ」


フジテレビ/2019年4月22日放送
【脚本】
中谷まゆみ/【原作】有賀リエ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
パーフェクトワールド ブログトップ