So-net無料ブログ作成
高嶺の花 ブログトップ

高嶺の花・第10話 [高嶺の花]

「犯罪者の理屈ですかね、バレなければって。つまり浮気って、本当は後ろめたい犯罪だと思ってる。ひどいことだって。でも、なぜ するやつが たくさんいるかっていったら、顔がそのあいだは思い浮かばないからですかね。彼女や奥さんのことを、そのとき忘れてるんです。でも、オレ、いまも浮かんじゃってるんです・・・ももさんの顔が」



「女は浮気を許さない――。そうだよね、そのあいだ(自分が男に)忘れられてるのがわかるから、だから、みじめに一緒にいるのが耐えられない」



「(男の浮気を許す女性もいるけど、)オレはそういう女性には惹かれないです。好きなひと、彼氏、旦那さん、裏切られたら、自分がぶっ壊れてしまう、そういう女性がいい、絶対に。おそば屋さんの分厚い湯呑と、薄くて もろいティーカップ、どちらが割れにくいと思いますか。(普通は分厚い湯呑ですが、)高嶺の、高級なティーカップは それでも割れません。大切にされるから。オレが大切にするからです」



「やはり天分がない者には、努力で補える限界がある。天才たちの人生をかけた戯れなのだよ、芸術は」



「男が未練がましいのは、余力あるまま別れるからだって」



「その方は、わたしが悲しいと言えば『(それは)愛ある証』と答えてくれました。怒っていたら『もっと怒っていい』と言ってくれました。その方は分け隔てなく、すべての土地を照らす太陽なのです。こんな時代にいつでも優しくあり続けることが、どれほど困難か。自分の価値観を固定せず、ひとの価値観をすべて受け入れる。聡明で、高潔な魂(の持ち主です)」



「(わたしは)高嶺の花よ。だけど、いいじゃない。あなたには充分 資格あるでしょ、その花を摘む」


日本テレビ/2018年9月12日放送
【脚本】
野島伸司
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

高嶺の花・第9話 [高嶺の花]

「高いみねの頂は、なにも背負わず、なにも支えない。ただ、風が吹いてるだけだ。きみには むかない」



「(あなたは)自分も母親のように毒親になるんじゃないかって・・・だから、子供 作んのが怖いって、そういうことですよね。大丈夫です。あなたごと守れる、あなたの父親にもなれるひとと出会えますよ。それに、あなたが子供を望まないなら、それはそれでいい、それでかまわないっていう男性に。都合いいわけじゃないですよ。(そのひとは)あなたを愛してるだけですよ」



「悪口を言うやつは無視していい。毒を吐くひとは、自分も毒を吸っている。そっち側に回ったら最後、すべては色あせてしまうんだ」



「自分の中に芯を作ろう。それが鉛筆みたいに細い芯でも、それさえあれば書けるんだ。やりたいことは全部」



「世界できみはひとりだけ。超激レア。たったひとりのきみ。たったひとりのオレ」



「立派なひとの名言は、心に余裕のあるやつにしか届かない。だから、おまえが言うなって思いながら、ダメなオレが、もうひとりのダメなオレに言ってるんだ」



「花はね、そのままで美しいのよ。もっと きれいにしてあげられないんだったら、花にさわる資格なんてないの。女だってそうよ。(あんたと)つき合って、最近きれいになったねって言われないんだったら、汚い手でさわるんじゃねえっつーの」



「さびしいって感情は敵よね。そういうときって、魔が差しちゃう。近くで優しくしてくれる相手に流される」


日本テレビ/2018年9月5日放送
【脚本】
野島伸司
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

高嶺の花・第8話 [高嶺の花]

「きみは怒りよりも悲しみを選び、悲しい を知り、やがて さびしい になり、そして 美しい になる」



「『そうでもないかも』って、癖をつけよう。オレはダメな人間だって落ち込んだら、『そうでもないかも』って」



「そんな ぼんやりした闇で、いったい どんな強い光が手に入ったっていうのよ」



「金持ちとか、お嬢様とか、ただでさえ住む世界 違うのに、そこに華道だ、芸術だって、多牌ターハイもいいとこ」



「男はどっしりと構えてなきゃいけないよ。百獣の王ライオンさ。メスに狩りをさせたっていい。いざというとき、守ってくれりゃ、女はそれでいい」


日本テレビ/2018年8月29日放送
【脚本】
野島伸司
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

高嶺の花・第7話 [高嶺の花]

「この世の汚れを知らぬ者に、この世の美しさが わかるはずもない」



「止められない自殺はない」



「あなたは嘘をつくのが下手だ」
「あなたは嘘を見抜くのが上手?」



「悲しいことだが、自分を正当化するために嘘をつき、得を求めて裏切り、しかも、後悔も反省もない人間は多い。それらを強く憎み、その暗闇で もがきながら、一条の美しい光を探す――。それが月島の神髄。月島の家元になるということだ」



「結果がすべてだとしたら、人生はむなしい。過程が最高なら、なおさらです」


日本テレビ/2018年8月22日放送
【脚本】
野島伸司
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

高嶺の花・第6話 [高嶺の花]

「重大な犯罪を犯しても、罪悪感 持たないやつは、出所すれば、またやる。今度は捕まらないように、うまくやればいいってね。だけど、罪を心から悔いて、それと向き合って生きるとき、案外、ひとの心は洗われるんだよ。悔い改めた死刑囚は、殺人を犯したとは思えない澄んだ瞳になるらしい」



「たぶん ももさんは、なにをしても、どんなワガママも、最後は許してくれる、守ってくれるひとが、ずっといなかったんじゃないですか。普通は子供のとき、それは両親の愛情で体感するものなんでしょうけど。自尊感情ってやつで。人間、一生に一度はそういう体感がないとツラいですよ、大人になってからでもね。それをオレに・・・オレを選んで、甘えて仕掛けてくるんだって思えば、それすら可愛らしい」


日本テレビ/2018年8月15日放送
【脚本】
野島伸司
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

高嶺の花・第5話 [高嶺の花]

「あなたは自分で言ってましたけど、オレもずっとそう思ってましたから・・・ほら、高嶺の花って。それはあなたがどんな家柄とか、そういう意味じゃないんです。違うものが見えてるんですよね、とても高い場所に咲いているから。本来、つもうとしたら いけない花です」



「ちょっと顔がいいくらいで、たいていの女は手に入ると、うぬぼれているバカな男は多い」
「実際、たいてい手に入ってしまうバカな女も多い」



「朝から機嫌がいい女なんて、久々、亭主に抱かれた以外、あり得ないね。要は、不機嫌なくらいが安心できていいってこと。抱かれたわけでもないなら、ホント、要注意よ。意味不明の上機嫌や点数稼ぎはね、そのうち なにか おねだりをされるか、普通にしてたらバレそうだから、ごまかしてんのよ・・・嘘と裏切りを」


日本テレビ/2018年8月8日放送
【脚本】
野島伸司
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

高嶺の花・第4話 [高嶺の花]

「べつに感動(させよう)とか考えて創作するわけじゃないの・・・流行に左右されない普遍的なものを作ってるひとたちはね。商売人じゃないんだから。(中略) いま新しいものだって、10年後には古いわけ。流行はやりを追いかけるほど情ないものはないって、本能的に知ってるのよ」



「伝統芸能の世界。華道、茶道、舞踊――。しきたりや作法と、芸術性。そのてっぺんに鎮座する宗家の家元は、人間じゃない。神様のごとく祭り上げられ、声をかけられるだけで、信者のように慟哭したり、失神するひとさえいる。泣き言も愚痴もこぼせなくなる。神様はそんなことしないからね。孤独にもほどがある。そんな立場に実の娘をさせたいんですか」



「オレは(浮気は)しないよ。だって、されたら嫌ですから。相手にされたら嫌なことを、どうして自分はできます? 愛してるのに」



「同じ劣悪な環境下に育っても、一方は犯罪者になり、一方は世界を救う――。その人間の根底にある魂の問題だ」


日本テレビ/2018年8月1日放送
【脚本】
野島伸司
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

高嶺の花・第3話 [高嶺の花]

「花はそのままで美しい。より美しくしてあげたい。そう思わぬなら、そうできぬのなら、何人なんびとも触れるべきではない」



「(いい思い出に浸っていれば、別れた痛みは薄れるけど)それって、逃避じゃない?」
「逃げるって言うと、言葉 悪いけど、避難だよ。一時避難」



「家に戻って、また引きこもるのかい・・・部屋とコンビニだけの世界に。もしかしたら、外で自由な猫や鳥を妬むかもしれないね。エアガンで撃つかい? もしかして、そのうち ひとを狙うかもしれないね。大丈夫だ、まだ冒険は始まったばかりだよ。自分の庭に種をまこう。いつか、きれいな花が咲くように」



「ひとの悪口だけは言うな。口に出さなけりゃ、そのうち思わなくなる。そしたら、心にある池が透き通る。そんなことだけで、ひとは半分 幸せになれる」


日本テレビ/2018年7月25日放送
【脚本】
野島伸司
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

高嶺の花・第2話 [高嶺の花]

「あなたはパパになるの。愛情より責任のほうが重いの」



「(あんたにとって、あたしは)高嶺の花よ。だけど、いいじゃない。花の蜜 吸っていいのは、きれいなチョウチョだけじゃない。あんたのようなアブラムシや、カナブンだって、吸いにきていいんだって」



「きみは先に敵に出会いすぎただけ。これからは味方ばかり」



「年とったころには、自分らの年金だって支給されるか わからないってか。なら、自分の時間優先。嫌な上司でもいりゃ、仕事だって すぐやめちまう。おいしくて仕方ねえよ・・・そんなやつらと同じ時代に生まれたら。どいつもこいつも、おいしくて、食い散らかせる草食動物。ひと握りのライオンだけが、独り占めできる世の中なんだ、いまは。オレはライオンの一頭になる」


日本テレビ/2018年7月18日放送
【脚本】
野島伸司
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

高嶺の花・第1話 [高嶺の花]

「芸術家は伴侶を選び間違える」



「(新郎に逃げられた)おまえは事故に遭ったようなものだ。大ケガをしたら病院で手当てを受ける。痛みを告げて、寄り添ってもらう。回復するには、そういう(恋のリハビリ)相手が必要だ。(中略) 優しければ誰でもいい。徐々にでも、その優しさで癒され、元に戻ることができる。もちろん、回復すれば、それは本当の恋じゃないと気づく。そのときは捨ててしまえばいい。言葉が悪いな。感謝をして、お礼を言って別れる。 “かわいそう” をバトンしなさい。おまえが持ってちゃ、いかん。その罪悪感もひっくるめて、立ち直れる・・・芸術家とはそういうものだ」



「おまえは太陽なんだ。まぶしく、輝く――。だが、熱くて、激しくて、自分で自分を焼き尽くす」



「華道だって、営業、経営です。ネットの宣伝、華やかなパフォーマンス、行き届いたレッスン制度。そうした営業努力の賜物で、生徒がわれわれのサロンに集まってくる。いまどき行儀見習いでお花を習う良家の子女がどれだけいます。華道人口の激減は、業界でも話題に上ってるんでしょ。仕事帰りの独身女性や学生たちに対応して、癒しの空間、エンタメの場、文字通り華やかな活力を回復してもらいたい。望まれてるのはわれわれであって、あなた方は太古の化石だ」



「自分が傷つけられたとき、怒るひとと、哀しむひとがいます。怒るひとは、憎むひとです。自分は棚に上げて、相手をただただ攻撃する。ヒステリックに声が大きくなる。哀しむひとは、愛のひとです。静かに、ただ時を止めて、哀しみます。愛と憎しみ――。愛憎。うちの母親が言った。『愛憎半ば』なんて表現があるけど、そんなことは あり得ない。愛してたら、憎まない・・・。憎めないんです。あなたのように。それはちゃんと愛がある いい女だからなんです」


日本テレビ/2018年7月11日放送
【脚本】
野島伸司
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
高嶺の花 ブログトップ