So-net無料ブログ作成
あすなろ三三七拍子 ブログトップ

あすなろ三三七拍子・第9話(最終回) [あすなろ三三七拍子]

「(応援)団同士はライバルではあるが、敵ではない」


フジテレビ/2014年9月9日放送
【脚本】
吉田紀子/【原作】重松清
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

あすなろ三三七拍子・第8話 [あすなろ三三七拍子]

「大の大人が頭 下げてるときは、そんなん(いびるようなことを)したらアカン」



「あのオッサンが、なんで(ガキのおまえに)おとなしゅう我慢して、頭 下げとったかわかるか。仕事やからや。(中略) 大人になって、立場ができたら、おまえも こうなんねん。本音で言えんことだらけになってくねん」


フジテレビ/2014年9月2日放送
【脚本】
ふじきみつ彦吉田紀子/【原作】重松清
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

あすなろ三三七拍子・第5話 [あすなろ三三七拍子]

「ひとのことを応援できない人間は、ひとからも応援してもらえない」


フジテレビ/2014年8月12日放送
【脚本】
ふじきみつ彦/【原作】重松清
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

あすなろ三三七拍子・第3話 [あすなろ三三七拍子]

「おまえは充分 頑張った。だから、これを挫折だなんて思うなよ」



「団は家族。一枚岩にならんといかん。連帯責任は、一人も欠くことができんちゅう団結の裏返し。でも、その筋 通そうと思えば嫌われる。なかなかツライわ」



「応援というものは、そもそも傲慢なことなんです。精いっぱい頑張ってる人間に、もっと頑張れと言うわけですから。ですから、われわれ団は応援される人間よりも、もっともっとたくさん汗をかくんです。ひとに頑張れというからには、応援するわれわれがもっと頑張らなければ、応援する資格なんぞ持てません」 →参照(2段目)



「こんなこと、あたくしには到底 理解できません」
「そうでしょう。応援とは、理解するものではなく、感じるもんですから」


フジテレビ/2014年7月29日放送
【脚本】
ふじきみつ彦/【原作】重松清
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

あすなろ三三七拍子・第2話 [あすなろ三三七拍子]

「(楽しくなくても)ニコニコ(するの)は得意なのよ。何年、女やってると思ってんだ」


フジテレビ/2014年7月22日放送
【脚本】
吉田紀子/【原作】重松清
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

あすなろ三三七拍子・第1話 [あすなろ三三七拍子]

「学ランの襟がなぜそんなに高いのか、おまえは知っているか。学ランを着て、下を向けるか。うつむかないようにするためだ」



「(応援)団は運動部とちごうて、なんの取り柄もない連中の集まりじゃ。野球がうまいわけでも、足が速いわけでもない。言うたら、スポーツ、武道は素人じゃ。素人がその道のプロを応援するのは、本来、傲慢なことじゃ。そこを忘れんな」



「声は届かんでもええ。気合を届けたれ。それが応援の基本や」


フジテレビ/2014年7月15日放送
【脚本】
吉田紀子/【原作】重松清
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
あすなろ三三七拍子 ブログトップ