So-net無料ブログ作成
黒猫、ときどき花屋 ブログトップ

黒猫、ときどき花屋・第6話 [黒猫、ときどき花屋]

「40代の(女性に向けて言う)『美人』は、年の割には、でしょ」



「20代の美しさは、天からの授かりもの。30代はその人の暮らしが容姿に出る。40代は現実を受け入れる。50代はそう、すべて己の責任」



「奥さんの年の数だけバラの花を贈るんだ。このとき大事なのは、黒田さん自身が贈るんではなくて、あくまでも花の業者に届けさせる。業者に届けさせるってことは、(中略) 誰かしら近所の人に見られてるわけだ。『奥様、バラの花が届いたんですって。聞きましたわよ』。それに対して、『まあ、お恥ずかしい。柄にもなく、うちの旦那が誕生日にね』と話し出す。その話が、女にとってはこの上なく気持ちがいいわけだ」


NHK BSプレミアム/2013年11月5日放送
【脚本】
鈴木しげき
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

黒猫、ときどき花屋・第5話 [黒猫、ときどき花屋]

「(認知症で)過去のことは忘れちゃって、本人、気楽に見えるかもしれませんが、ああ見えて、苦しんでるんですよ。(中略) つらくて、不安で、それで記憶のないところに自由に物語を作って、なんとか補ってる」



「わたしたちって、誰かに覚えててもらわないと、自分のこと、証明できないんですね」


NHK BSプレミアム/2013年10月29日放送
【脚本】
鈴木しげき
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

黒猫、ときどき花屋・第4話 [黒猫、ときどき花屋]

「ママ友の会がよくないって、聞いたことある。集団になると、ママ友じゃなくて、ワガママな友になるっていう」



「学校をレストランとか百貨店みたいに思ってる親がいるのよ。教育サービスのお店みたいな感覚で、自分たちはお客っていう意識」



「一人っ子が多いでしょ。こりゃあ、絶対(子育てに)失敗できないって(親は)必死なのよね」



「大きな花を咲かせたいからって、たくさん肥料をあげると、逆にまったく花をつけないことがあるんです。安心しきっちゃうんですよね。花をつけなくても、まあ、いいかって思っちゃって、そのまま枯れちゃうんです。愛情を注いでも、甘やかしてはダメ。生き物を育むのって、一筋縄でいきませんよね」


NHK BSプレミアム/2013年10月22日放送
【脚本】
鈴木しげき
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

黒猫、ときどき花屋・第2話 [黒猫、ときどき花屋]

「(結婚への)道は平坦じゃないから、こうやって傷つくことも前進。一歩ずつ進んでいけばいいだけじゃない」



「死んだ人は無敵だろう。遠距離(恋愛)なんてもんじゃない。遥か彼方で、きれいなまま輝いている」


NHK BSプレミアム/2013年10月8日放送
【脚本】
鈴木しげき
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

黒猫、ときどき花屋・第1話 [黒猫、ときどき花屋]

「女は誰の付属品かを自慢しあうから、社長夫人なら勝ち組ってことになりますよね」



「(同窓会で勝つには)エステ&ダイエット。当日のドレスアップはもちろん、ヘアメイクも、とにかくオシャレするの。同窓会は普段の倍 盛ってよしよ。浮くぐらいで ちょうどいいのよ。大事なのは女性としての現役感」


NHK BSプレミアム/2013年10月1日放送
【脚本】
鈴木しげき
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
黒猫、ときどき花屋 ブログトップ