So-net無料ブログ作成
鴨、京都へ行く。 ブログトップ

鴨、京都へ行く。~老舗旅館の女将日記~・第10話 [鴨、京都へ行く。]

「チャンスに手を伸ばそうとしない者は負け犬のまま終わる」



「わしのこの腕、金で買える思うたら大間違いや」


フジテレビ/2013年6月11日放送
【脚本】
岩下悠子
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

鴨、京都へ行く。~老舗旅館の女将日記~・第7話 [鴨、京都へ行く。]

「すべて(お客様の)言いなりになっていたら、召使いと一緒です。機転を利かせて、ほかに満足していただける最善の方法を見つけるのが、優れた女将やとわたしは思いますけど」



上羽うえば屋にVIPという概念はありません。お客様全員に満足して帰っていただく。それを365日続ける。そして、それを何年も積み重ねて、ようやく旅館は評価していただけるんです。覚えといてください。目先の評価に飛びついたことで、失うもんも仰山あるいうことを」



「失敗すればいいじゃない。(中略) 小さな失敗を怖れてたら、気づかないうちに、大きな失敗を犯すことだってあるの。チャンスなんて、自分が望んだときにやってくるわけないんだから」


フジテレビ/2013年5月21日放送
【脚本】
森ハヤシ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

鴨、京都へ行く。~老舗旅館の女将日記~・第6話 [鴨、京都へ行く。]

「失敗上等。失敗すればするほど、きっと強くなれる。もっと遠くまで冒険できる」



「本気で信じる相手には、わざと鞭打つような態度をしはる。そんな人でした。優しい言葉だけでは、ひとを本気にさせることはできひん」


フジテレビ/2013年5月14日放送
【脚本】
岩下悠子
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

鴨、京都へ行く。~老舗旅館の女将日記~・第5話 [鴨、京都へ行く。]

「理不尽いう言葉は、おもてなしの世界にはありません。どんなときも、正しいのはお客様です」


フジテレビ/2013年5月7日放送
【脚本】
岩下悠子
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

鴨、京都へ行く。~老舗旅館の女将日記~・第4話 [鴨、京都へ行く。]

「わたしは財務省にいたころ、望まれた以上の仕事をすることを心掛けてきました。お客様に従うだけのサービスなんか、たかが知れてると思いますけど」



「ひとつ、あなたのええとこ見つけました。無能な女将は、まわりを育てる――」


フジテレビ/2013年4月30日放送
【脚本】
酒井雅秋
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

鴨、京都へ行く。~老舗旅館の女将日記~・第2話 [鴨、京都へ行く。]

「意味がなくても、できることをやるんです」



「たてついてくるやつ いうのは、嫌いやないです。小そう まとまったやつより、ずっとええ」


フジテレビ/2013年4月16日放送
【脚本】
酒井雅秋
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

鴨、京都へ行く。~老舗旅館の女将日記~・第1話 [鴨、京都へ行く。]

「旅館が高級かどうかは、わたしたちが決めることじゃありません。お客様が決めることです」



「(この旅館が)時代遅れなんは、ようわかります。それ壊すのも簡単や。そやけど、先代女将はその時代に合わん積み重ねを守り続けた。価値があるかはわかりまへんけど、意味はあるとわたしは思います」


フジテレビ/2013年4月9日放送
【脚本】
森ハヤシ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
鴨、京都へ行く。 ブログトップ