So-net無料ブログ作成
眠れる森の熟女 ブログトップ

眠れる森の熟女・第9話(最終回) [眠れる森の熟女]

「もしも悪い魔女の魔法で眠りすぎて、王子様に気づいてもらえなかったとしても、あせることはなにもない。もしも数十年遅れで王子様が現れて、恋に落ちて、その恋が1週間で終わったとしても、どうってことはない。大切なのは残り時間じゃなくて、いまを生きようと思う気持ちだから」


NHK/2012年10月30日放送
【脚本】
篠﨑絵里子
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

眠れる森の熟女・第8話 [眠れる森の熟女]

「まえに言ったよね。あたしといると、つまらない現実を忘れられるって。(中略) でも、あたしはあなたが捨てようとている現実が欲しかったの。いいとこ取りの恋愛じゃなくて、退屈で味気ない毎日を一緒に送る相手が欲しかったんだと思う」


NHK/2012年10月23日放送
【脚本】
篠﨑絵里子
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

眠れる森の熟女・第5話 [眠れる森の熟女]

「ルール違反だよ。もうこの年になったら、まともな男には大概 相手がいるわけ。だけど、それはしょうがないじゃない。そんとき そんときで、なんていうの、仕事とか、プライドとか、楽チンな生活とかさ、男以外のこと選んできちゃったんだから。それを いまごろになって(他人の旦那を)横取りするってのはさ。わけのわかってない若い子ならともかく、同世代でしょ。道徳的なことじゃなくて、女同士の仁義に反するよ」



「自分の世話ばかりするのが虚しくなって、いつの間にか、独りでいるのが つらくなりました。誰かを守って、誰かに守られて、一緒に年を取っていく。そういう人生の価値に、ようやく気づいたんだと思います」


NHK/2012年10月2日放送
【脚本】
篠﨑絵里子
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

眠れる森の熟女・第4話 [眠れる森の熟女]

「(結婚は)みんなそうでしょう。悩んでるふりをして、打算を働かせてるだけ」



「(再就職を希望する)40代のバブル世代に多いんだけど、最初の就職が簡単だったから、今回もなんとかなるはずっていう思い込みがあるんだよなあ。年齢に見合ったスキルアップができていないのに、自分の市場価値が下がってることが理解できない。そういう人、ホントに多いんだよ」



「ひとの旦那 奪っておいて、女は前向きに生きろとか、能書き たれてる女ってどう? 早く離婚して欲しいって、言いたくて たまらないのに、いつでもいいわよ、なんてカッコつけてさ。相手に子供がいて、家庭があることにまで嫉妬しちゃうの」



「どんなに後悔しても、人生はやり直せない。もしかしたら、あなたに いま必要なのは、それをきちんと認めることかもしれません」



「やり直せなくても、間違っていても、それはあなたの大切な人生です。あなたが精一杯 生きてきた証です。素晴らしい人生じゃないですか」


NHK/2012年9月25日放送
【脚本】
篠﨑絵里子
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

眠れる森の熟女・第3話 [眠れる森の熟女]

「胸が痛むとか、簡単に言うな。痛くたって、痛くないフリしろよ。自分の思い通りに(離婚)しようとしてるんだからさ。戻る気がないなら、お母さんに徹底的に嫌われてよ」



「(名言集に載っていた)誰の言葉だろうと、それをわたしに伝えようとして下さるその気持ちに励まされます。あなたがさっき仰ってた素敵な言葉も、大切なその言葉を分けて下さるその気持ちに元気が出ます」


NHK/2012年9月18日放送
【脚本】
篠﨑絵里子
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

眠れる森の熟女・第2話 [眠れる森の熟女]

「ひとの一生は曲がり角だらけだっていいます。誰だって迷うことはあります」



「わたしは(中略)老後を見ていて、夫は(中略)未来を見ていた」


NHK/2012年9月11日放送
【脚本】
篠﨑絵里子
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
眠れる森の熟女 ブログトップ