So-net無料ブログ作成
リーガル・ハイ ブログトップ

リーガルハイ2・第10話(最終回) [リーガル・ハイ]

「先生はおっしゃいますよね。 『真実なんかどうでもいい。勝てばいいんだ』 って。ぼくはこう思うね。 真実はどうでもいい。みんなが幸せになるなら――。ぼくと先生は、実はコインの裏と表なのかもしれません」



「わたしは真実が大事だと思う。たとえ誰かが傷ついても、みんなが不幸になっても、それが真実なら仕方ないよ」



「あなたはいつも人間の欲望に火をつけ、争いをけしかける。極端で攻撃的な言葉を多用して説き伏せて。愚かな人間ほど威勢のいい言葉になびきますからね。人間の愚かさ、醜さを利用して勝ってきたのが、あなたの手法なんです。でも、そこに幸せはありませんよ。ただ一時の快感があるだけです」



「幸せは、不本意でも、面倒でも、お互いが懸命に妥協点を見つけ出すことでしか(得られ)ないんです。争いを避け、みんなが幸せになる社会とは、そういうことなんです。相手に譲ること、与えることは、勇敢で気高い人間でないとできない」



「ぼくのどこが間違ってるんですか」
「間違ってないと思っているところだよ」



「きみは人間は愚かだと言った。まったく同感だ。どいつもこいつも愚かで、醜く、卑劣だ。自分の名誉のために誰かれ構わず攻撃する見栄っ張り。妻が美しくなければ許せない夫。お隣への嫉妬に狂う主婦。手柄を独り占めしたい会社員。何人もの男を同時に愛したい女。努力しない凡人を許せない天才。便利で贅沢な暮らしがしたくて昔ながらの暮らしを放棄する人々。欲望のために男を手玉に取る悪女。わがままで、勝手で、ズルくて、汚くて、醜い、底辺のゴミくずども。それこそが、われわれ人間だ。(きみはそんな人々を幸せに導こうと言う。だが、)それが違うんだよ。まず、そこから降りろ。自分も底辺の醜いゴミくずの一匹であることを自覚しろ」



「(きみは)相当、醜いね。自分の理想の実現のために裁判を利用し、ひとをたらしこみ、だまし、あやつる。自分の賢さにうぬぼれ、ひとのために尽くす自分が大好きで、冒す危険に酔いしれる。皆を幸せにしたい。 Win-Win にしたい。だが、それらはすべて、所詮、きみ個人の欲望だ。皆から感謝され、崇め奉られ、ファンレターをいっぱいもらい、ベストジーニスト賞まで、わたしより先に獲得して、さぞ満足だろう。だが、きみがやってることは Win-Win じゃない。小さな敗者ルーザーをたくさん作って、きみひとりが勝者ウィナーになることだ。いいか、きみの本性を教えてやるから、よーく聞け。きみは独善的で、ひとを見下し、いい男ぶった、薄ら笑いが気持ち悪くて、スーツのセンスがおかしくて、漢字もロクに書けなくて、英語もサッカーもそれほどうまくない、でたらめなことわざを作る、甘くて、ぬるくて、ちょろい、裏工作をしてみたら たまたまうまくいっただけの、ゆとりの国のポンコツ、ヘタレ、天パー、短足、クソ王子だ。バーカ」



「もしきみが、皆が幸せになる世界を築きたいと本気で思うのなら、方法はひとつだよ。醜さを愛せ」



「わたしはきみたちのような底辺の愚民どもとは違うのだ。一度、リニアモーターカーの先頭にくくりつけられで、山梨リニア実験線を時速505キロで試験走行してもらうといい。少しはマシになるだろう」


フジテレビ/2013年12月18日放送
【脚本】
古沢良太
nice!(1)  コメント(1) 

リーガルハイ2・第9話 [リーガル・ハイ]

「ひとつ、ひとよりよくしゃべる。ふたつ、不埒な弁護活動。みっつ、醜い浮世の鬼も、金さえもらえりゃ無罪にしちゃう」



「よくもまあピンポイントで安藤貴和きわが出てくるところを(みんなが)見るものです。この地域には五分に一度は徳永家の勝手口を見ることにしましょうという条例でもあるんでしょうか。徳永家の勝手口から出てきたのが、たとえ 『突撃!隣の晩ごはん』 のヨネスケであったとしても、安藤貴和に見えたに違いない。みんながそれを望んでいるから。ひとは見たいように見、聞きたいように聞き、信じたいように信じるんです。検察だってそうでしょう。証拠によってではなく、民意に応えて起訴したんです」



「生命はその者に与えられた権利です。それを奪う者は、たとえ国家であっても人殺しです。(わたしは死刑制度に)反対じゃありませんよ。目には目を、歯には歯を、殺人には殺人を――。立派な制度だ。ただ、人知れずこっそり始末することが卑劣だと言っているだけです。青空のもと、市中引き回しの上、はりつけ、火あぶりにした上で、みんなで一刺しずつ刺して、首をさらし、万歳三唱したほうが、はるかに健全だ。だが、わが国の愚かな国民は、自らが人殺しになる覚悟がないんです。自分たちは明るいところにいて、誰かが暗闇で社会から消し去ってくれるのを待つ――。そうすれば、それ以上、死刑について考えなくて済み、この世界が健全だと思えるからだ」



「いいでしょう、死刑にすればいい。たしかに安藤貴和は社会をむしばむ恐るべき害虫です。駆除しなければなりません。次に寝取られるのは、あなたのご主人かもしれませんからね。(中略) 死刑にしましょう。現場での目撃証言はあやふやだけれど、死刑にしましょう。被告人の部屋から押収された毒物が、犯行に使われたものかどうか確たる証拠はないけれど、死刑にしましょう。現場に別の毒物らしきビンが落ちていたという証言があるけれど、気にしないで死刑にしましょう。証拠も、証言も、関係ない。高級外車を乗り回し、ブランド服に身を包み、フカヒレやフォアグラを食べていたのだから、死刑にしましょう。それが民意だ。それが民主主義だ。なんて素晴らしい国なんだ。民意なら正しい。みんなが賛成していることなら、すべて正しい」



「本当の悪魔とは、巨大にふくれ上がったときの民意だよ。自分を善人だと信じて疑わず、薄汚い野良犬がドブに落ちると、一斉に集まって袋叩きにしてしまう。そんな “善良な市民” たちだ」



「民意などというものによって、人ひとりを死刑にしようというのなら、すればいい。所詮、この一連の裁判の正体は、嫌われ者を吊るそうという国民的イベントに過ぎないんですから。己のつまらない人生の憂さ晴らしのために」



「あなたがた五人(の最高裁判所判事)は、なんのためにそこにいるんですか。民意がすべてを決めるなら、こんなに格式ばった建物も、権威づいた手続きも必要ない。偉そうにふんぞり返ってる、じいさんも、ばあさんも、必要ない。(だが、)判決を下すのは、断じて国民アンケートなんかじゃない。わが国のせき学であられる、たった5人のあなた方です。どうか、司法の頂点に立つ者の矜持をもってご決断ください」


フジテレビ/2013年12月11日放送
【脚本】
古沢良太
nice!(0)  コメント(0) 

リーガルハイ2・第8話 [リーガル・ハイ]

「わたしがこの世でいちばん嫌いなものが貧乏。2番目が田舎で、3番目が自然だ。蟹頭かにこべ村も最悪だったのに、それより奥地へ行くことなどあり得ない。きみの事務所の低能弁護士どもを引き連れて、原住民に首を刈られてくるといい」



「都会にあるものはなくても、都会にないものがあるんです。その証拠に、人々の幸福度は都会よりも はるかに高いですよ」



「幸福度が高いのは、不幸であることを自覚してないか、不幸であると口に出せない統制国家のどちらかだ。みんな、本音は世界財産なんかより、便利で贅沢な暮らしがしたいんだよ」



「自然保護と言えば、いまや誰も逆らえない金科玉条だ。世界財産を守らなければ極悪人のように言われてしまう。しかし、よそ者が勝手に格づけしたもののために、なぜみなさんが犠牲になるんです。ここで暮らしているのは みなさんなんだ。都会に憧れてなにが悪い」



「崇高な理念など、欲望の前では無力だ。所詮、人間は欲望の生き物なのだよ。それを否定する生き方などできはしないし、その欲望こそが文明を進化させてきた。これからも進化し続け、決して後戻りはしない。燃料廃棄物処理場を作り、高速道路を作り、ショッピングモールができ、森が減り、希少種がいなくなり、いずれどこにでもある普通の街になるだろう。そして、失った昔を思って嘆くだろう。だが、みんなそうしたいんだよ。素晴らしいじゃないか」


フジテレビ/2013年11月27日放送
【脚本】
古沢良太
nice!(0)  コメント(0) 

リーガルハイ2・第7話 [リーガル・ハイ]

「あんな人だと思わなかったですって? 少女がお花畑を走り回るアニメを作ってる人は、お花畑を走り回るような人だと思っていたんですか。そんなわけないでしょう。鬼の形相で机にかじりつき、血反吐を吐いて、命を削り、作品を生み出している人だ。スポンサーである親のコネで入社させてもらえたことに感謝せず、分際もわきまえず、天才の足を引っ張るなら、さっさと辞めて、趣味で未知の生物の絵でも描いているがいい」



「あいつ、自信がないのよ。このまま最高裁をやって、勝つ自信が。勝つためには、誰かに目覚めてもらう必要がある。なのに、眠ったままで一向に起きてこない。だから、全力でたたき起こしてるの。あたしには そう見えるなあ」



「天才に常識を求めますか。(中略) ダ・ヴィンチ、ゴッホ、ピカソ、北斎、手塚・・・。彼らの職場に労働基準法があったと思いますか。王様と奴隷でなにが悪い? みんな平等、みんな仲良しで、天にそびえるピラミッドが作れるわけがない。天才のもとで働こうとしたなら、地獄を見る覚悟をするべきだ。そして、耐えられなかったのなら、黙って去れ。非常識で、横暴で、自己中心的、しかし、人類の宝のような作品を生み出す。それが宇都宮仁平です」



「スタジオ小春日和は、後継者不足に長年 頭を悩ませてますね。全制作スタッフを正社員として雇用する御社の運営には莫大な費用がかかる。それを監督自身が大ヒット作を作り続けることで、かろうじて まかなってきたのが実態です。一本生み出すのが奇跡である世界的ヒットを何十作と続けてきたあなたの御苦労は想像を絶する。生半可な育て方では、あなたの後継者には なり得ない」



「鉛筆を削り、絵を描いて、また鉛筆を削る。どんどん小さくなる鉛筆を見るたびに、わたしは自分の命が削られている気がする。アニメ制作とは、畢竟ひっきょう、そういうものです」



「才能なんてものはな、(誰かに見出してもらうのではなく、)自分で掘り起こして、作り上げるものなんだよ」



「オレだって天才なんかじゃない。誰よりも必死に働き、階段をひとつひとつ踏みしめてきただけだ。振り向いたら、誰もついてきてない。怠けた連中が、麓でこうつぶやく。あいつは天才だから――。冗談じゃない。ゆとりで育った のんびり屋どもが、本当に嫌いだ。オレより、時間も、体力も、感性もあるやつが、なんでオレより怠けるんだ。だったら、くれよ。無駄づかいするんだったら、オレにくれ。もっともっと作りたいものがあるんだ。オレにくれ!」


フジテレビ/2013年11月20日放送
【脚本】
古沢良太
nice!(0)  コメント(0) 

リーガルハイ2・第5話 [リーガル・ハイ]

「争いごとに勝者ウイナーなんていない。誰もが敗者ルーザー。だから、ぼくらは(勝ことではなく、)争いをやめることを主眼に置いてるんです」



「男は愛する家族にさえ尊敬されていれば、(会社で不満があっても)満たされるものです」



「このまま、奪い合う社会を加速させるのか、分かち合う社会を取り戻すのか。この裁判は、そういう裁判です」



「終身雇用、年功序列、愛社精神、会社は家族――。それらはすべて、過去の幻想です。田向さんはあなたより先に気づいたんです。時代は変わったんだと。これからはTPPをはじめ、ますます情け容赦ない時代になります。義理と人情なんかでは、『おやじいぬ』 も会社も守れはしない。食い尽くされるのみなんです。分かち合う社会は素晴らしいでしょう。しかし、自分の権利を主張し、嫌われようと、憎まれようと、戦って勝ち取る。そういう人も称えられるべきです。時代は決して後戻りしません。変わらないものは、滅びるのです」


フジテレビ/2013年11月6日放送
【脚本】
古沢良太
nice!(0)  コメント(0) 

リーガルハイ2・第4話 [リーガル・ハイ]

「人間の最も厄介な感情は嫉妬だ。親友同士が嫉妬ひとつで殺し合いになる。きみを死刑台に送ろうとしてるのは、全国民の嫉妬だよ」



「(ご近所トラブルとは)不動産業界にだまされて、夢のマイホームという名の掘っ立て小屋を売りつけられ、ローンでがんじがらめになった奴隷たちのミジメないさかいだ」



「誰でも心に嫉妬という けだものを飼っている。そして、そのけだものは暴れ出したら最後、もう手がつけられない。壊れた隣人関係は元には戻らないんです。せめて気が済むまで暴れさせ、白黒をつけてやるのみ。笑顔で世界が変わることなどないのです」



「ぼくの目的は裁判で勝つことじゃない。当事者が幸せになることだ」


フジテレビ/2013年10月30日放送
【脚本】
古沢良太
nice!(0)  コメント(0) 

リーガルハイ2・第3話 [リーガル・ハイ]

「DNAは整形できないのです」



「なにを基準にして、ひとを好きになるかは個人の自由であり、そこに優劣はない。熊井健悟の場合は顔がきれいかどうかなんだ。どんなに性格が悪くても、顔がきれいな人がいい。立派なポリシーだ。それを不謹慎だと言うきみたちのほうが歪んでいる」



「(離婚訴訟の結末を)曖昧にすることになんの意味がある。きれいな言葉を並べて許し合ったところで、現実はなにひとつ変わらないんだよ。我々にできることは、徹底的にぶつかり合わせ、人生にけりをつけさせてやることだけだ」



「ブスはね、ブスなりに、生まれ持った自分の顔が好きなの。でも、好きになれないように まわりがするんだもん、仕方ないじゃない」



「あたし、ブサイクな人のほうが、心がきれいなんだって思い込んでたんだと思う。あたしも外見で判断してたのよ。顔も心もブサイクな人もいるし、顔も心もきれいな人だっているのに」


フジテレビ/2013年10月23日放送
【脚本】
古沢良太
nice!(0)  コメント(0) 

リーガルハイ2・第2話 [リーガル・ハイ]

「この国の報道の在り方は問題です。表現の自由などという たわごとを盾に、言いっ放しで責任を取らず、いいときは持ち上げ、落ちると一斉に叩く。有名人を叩けば庶民が喜ぶと思ってるんです。有名人もまた、ひとりの庶民であるはずなのに」


フジテレビ/2013年10月16日放送
【脚本】
古沢良太
nice!(0)  コメント(0) 

リーガルハイ2・第1話 [リーガル・ハイ]

「サウジアラビアにはこんな ことわざがあるんです。水は飲めるが燃えはしない。石油は燃えるが飲めはしない。意味はわからないですが、なんだか深い言葉ですよね」



「ひとを幸せにするためにつく嘘は、必ずしも悪いものではありません。ただし、自分を不幸にしますね。自分を偽り続けるのは つらかったんじゃありませんか」



「いまどき朝ドラの主人公でも もっと成長するぞ。これほど変わらないのは、きみと磯野家ぐらいのものだ」



「警察も、マスコミも、日本中、誰もが彼女が犯人だと決めつけていました。はじめから用意された結論に向けて、証拠が積み上げられていたんです。こんなに恐ろしいことがあるでしょうか。安藤貴和きわが犯した罪が仮にあるとするならば、ただひとつ。それは世間に嫌われたことです。この国では世間様に嫌われたら有罪なんです。法治国家でもなければ、先進国でもない。魔女を火あぶりにして喜んでいる中世の暗黒時代そのものだ」



「知ってるのは誰だ。きみとここにいる我々だけだ。我々が他言しなければ、誰も知り得ない。誰も知らない真実は存在しないのと一緒だ」


フジテレビ/2013年10月9日放送
【脚本】
古沢良太
nice!(0)  コメント(0) 

リーガル・ハイ・第11話(最終回) [リーガル・ハイ]

「自己犠牲? 違う。彼女は自分が善人だと思いたくて告発したんだ。自己満足だよ」



「善人きどりの負け犬のまま、勝者に対する恨み妬みを言うだけの、ミジメな人生を送り続けるといい」



「どんなに強い者でも、いつかは必ず負ける日がくる。そして、たいてい意外な相手に負けるものだよ」



「ひとは夢を見るから生きられるんです。理想をかなえようとするから、あたしたちは このあきらめに満ちた現実を生きて行けるんです。あたしは、理想が現実を覆せると信じています」



「そちらの弁護士先生が主張なさったことは、なんの論理的根拠もなく、ひたすら情に訴えるのみの女子中学生が同人誌に投稿して落選するライトノベル以下の作文であり、しかも、自分に酔って涙する始末。裁判は夢を探す場所? そんなものが見つけたいなら、インドのガンジス川か、下北沢の三流劇団に入りたまえ」



「われわれは神ではありません。このわたしも含め、愚かで、感情的で、間違えてばかりの ちっぽけな生き物です。そんな人間に人間を裁くことはできるのでしょうか。いいえ、できません。だから、人間になり代わり、法が裁くんです。どんなに怪しかろうと、どんなに憎かろうと、一切の感情を排除し、法と証拠によってのみ人を裁く。それこそが、われわれ人類が長い歴史の中で手に入れた、法治国家という大切な大切な財産なのです」



「旅人のコートを脱がせたぐらいで、勝てると思うな。太陽やるなら、灼熱地獄でパンツ1枚残さず はぎ取れ。それぐらいでなければ、理想と現実を変えることなどできはしない。もっともっと強く、賢くなれ」


フジテレビ/2012年6月26日放送
【脚本】
古沢良太
nice!(0)  コメント(0) 

リーガル・ハイ・第9話 [リーガル・ハイ]

「5年前に(この地へ)化学工場がやってきましたねえ。反対運動をしてみたら、おこずかいがもらえた。(中略) ふれあいセンターなどという、中身のない立派な箱ものも建ててもらえた。使いもしない光ファイバーも引いてもらえた。ありがいですね。絹美(村)という古臭い名前を捨てたら、南モンブラン市というファッショナブルな名前になりました。なんてナウで、ヤングで、トレンディなんでしょう。そしていま、土を汚され、水を汚され、病に侵され、この土地にはもはや住めない可能性だってあるけれど、でも商品券もくれたし、誠意も、絆も感じられた。ありがたいことです。本当によかったよかった。これで、土地も水も甦るのでしょう。病気も治るんでしょう。工場は汚染物質を垂れ流し続けるけれど、きっともう問題は起こらないんでしょう」



「ゴミクズ扱いされているのをわかっているのに、なぜ納得しようとしてるんです。(中略) 誰にも責任を取らせず、見たくないものを見ず、みんな 仲良しで暮らしていけばラクでしょう。しかし、もし誇りある生き方を取り戻したいのなら、見たくない現実を見なければならない。深い傷を負う覚悟で前に進まなければならない。戦うということは、そういうことだ。愚痴なら墓場で言えばいい」



「金がすべてではない? 金なんですよ。あなたがたが相手に一矢報い、意気地を見せつける方法は、奪われたものと、踏みにじられた尊厳にふさわしい対価を勝ち取ることだけなんだ」


フジテレビ/2012年6月12日放送
【脚本】
古沢良太
nice!(0)  コメント(0) 

リーガル・ハイ・第8話 [リーガル・ハイ]

「成功する子役なんて、二通りだろう。大人の金儲けのために、ムチ打たれる哀れな操り人形か、大人の顔色を見て手玉に取る ませたクソガキか」



「成功は欲望を呼び、欲望は破滅を呼ぶ」



「親子の縁を切ることは、どんな法律にもできません。(離れても)思い合っていれば親子です」


フジテレビ/2012年6月5日放送
【脚本】
古沢良太
nice!(0)  コメント(0) 

リーガル・ハイ・第6話 [リーガル・ハイ]

「わたしには、いくら金を積まれようと、決して引き受けないことにしている仕事が2つあります。1つは、ハイパーメディアクリエイター。なにをしていいのか、さっぱり わからないからです。そして もう1つが、痴話ゲンカの仲裁です。わたしの能力は、親戚の世話焼き婆さんの代わりにあるわけではないのです」


フジテレビ/2012年5月22日放送
【脚本】
古沢良太
nice!(0)  コメント(0) 

リーガル・ハイ・第5話 [リーガル・ハイ]

「教師には教えてもらう。医者には治してもらう。弁護士には助けてもらう」
「そう。では、政治家にはなにをしてもらう? 稼がせてもらうんだ」



「金と権力の中で生きれば、身内すら信用できないのも当然だ。それもまた つらい人生だろう。心を許せるのが池のコイだけではな」


フジテレビ/2012年5月15日放送
【脚本】
古沢良太
nice!(0)  コメント(0) 

リーガル・ハイ・第4話 [リーガル・ハイ]

「きみが正義とか ぬかしてるものは、上から目線の同情に過ぎない。その都度、目の前のかわいそうな人間を憐れんでいるだけだ」



「正義は特撮ヒーローものと、少年ジャンプの中にしかないものと思え」



「自らの依頼人の利益のためだけに全力を尽くして戦う。われわれ弁護士にできるのはそれだけであり、それ以上のことをするべきでもない」


フジテレビ/2012年5月8日放送
【脚本】
古沢良太
nice!(0)  コメント(0) 

リーガル・ハイ・第3話 [リーガル・ハイ]

「空中戦をやりすぎだ。相手の検事に意識が行きすぎてる。きみがアピールするべき相手は裁判官だろ」


フジテレビ/2012年5月1日放送
【脚本】
古沢良太
nice!(0)  コメント(0) 

リーガル・ハイ・第1話 [リーガル・ハイ]

「うぬぼれるな。我々は神ではない。ただの弁護士だ。真実が なにか なんて、わかるはずながない」



「あなたは『席を譲りましょうか』と訊くべきでした。たとえ、あの方が断ったとしても、その手続きこそが重要なんです。暗黙のルールとされている手順を踏むこと、そのものがマナーなんです」


フジテレビ/2012年4月17日放送
【脚本】
古沢良太
nice!(0)  コメント(0) 

リーガル・ハイ・補遺 [リーガル・ハイ]

別カテゴリーでエントリーされている「リーガル・ハイ」の台詞は以下からどうぞ

リーガル・ハイ (土曜プレミアム)
リーガルハイ・スペシャル (土曜プレミアム)
※タイトルをクリックすると新しいウィンドウがひらきます
nice!(0)  コメント(0) 
リーガル・ハイ ブログトップ