So-net無料ブログ作成
ストロベリーナイト ブログトップ

ストロベリーナイト・サーガ・第11話(最終回) [ストロベリーナイト]

「警察とヤクザ、両方やって よくわかった。警察は本気で悪人を叩こうとはしないし、悪人は叩かれたところで、反省なんて なにひとつ していない。やつらにとっては、刑務所なんて別荘程度でしかない」



「(実刑 食らって)10年、15年、勤めたって、(シャバに)出たら、なにをやろうか、どういった家に押し入ってやろうか、どうやって他人をだまそうか、かえって刑務所ムショで知恵つけて、タチが悪くなって帰ってくる」



「わたしは17才の夏、見知らぬ男にレイプされた。犯人は逮捕された。強姦だけじゃなく、ひとり殺しているから、そいつは いま まだ塀の中にいる。でも、それだけじゃ、なんの解決にもならない。傷ついたこの体は二度と もとには戻らないし、途中で抵抗をやめて その男を受け入れた自分は一生 許すことはできない。男のひとを愛する資格なんて わたしにはないし、愛される自信もない。鏡を見る度、いまでも思う。この呪いを解く方法があるとしたら、あの男をこの手で殺すしかない。あいつさえ殺せば、全部きれいさっぱり消えてなくなるかもしれない。だから、何度も殺した。何万回、何百万回、頭の中であいつを殺してきた。刺し殺して、撃ち殺して、絞め殺して、殴り殺した。テレビで殺人事件のニュースを見る度に、自分だったらこうする、こうやってあいつを殺してみせるって、あたしはそんなことばかり、狂ったように考えて生きてきたのよ、事件後の人生を。それでもね、そんな わたしにも生きていける場所はあったの。警察があたしの過去を知らないはずがない。それでも黙って、あたしに生きる場所を与えてくれたの。それで、少し許されたって感じられた。あたし、生きていいんだ。まだ、死ななくていいんだって思えた」



「わたしたちの中には殺意がある。憎しみも消えない。これは もう しょうがない。だって、消えるはずがない。体はあの屈辱を覚えている。同じ体で生きている以上、忘れることなんてできない。でも、この憎しみや殺意は、実は愛情の裏返しなんだって、そういうふうには考えられないかな。自分を大切に思っているからこそ、傷つけられると、悔しいし悲しい。誰かを大切に思っているからこそ、その誰かが傷つけられたら、殺したいほど憎くなる。憎しみや殺意だけじゃなくて、わたしたちの中に愛情もたくさんあるんだって、そういうふうには認められないかな。お願い、その銃を置いて。いま あなたが銃を置いてくれたら、わたしの仲間を殺さずにいてくれてありがとうって言える。償うべきことを償えば、あなたなら必ず出てこられる。ツラいかもしれない。なかなか生きる場所が見つからないかもしれない。だったら、そのときは わたしのところに来て。わたしが許すから・・・ほかの誰かが許さなくても、わたしがあなたを許すから。だから、お願い、いまはその銃を置いて」


フジテレビ/2019年6月20日放送
【脚本】
徳永友一/【原作】誉田哲也
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

ストロベリーナイト・サーガ・第10話 [ストロベリーナイト]

「結局、最後まで主任のことがわかりませんでした。あまりにも心の在りようが違う気がして。きっと主任とは、たとえ同じ場所にいても、同じ景色を見ることができないんじゃないか、そう感じたんです」


フジテレビ/2019年6月13日放送
【脚本】
徳永友一/【原作】誉田哲也
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

ストロベリーナイト・サーガ・第9話 [ストロベリーナイト]

「組織っていうのは、しがみつくもんでも、よじ登るもんでもない。それぞれが地に足をつけて、踏ん張って、支えるもんなんだ、いまのきみのように。新しい捜査一課を作れ、姫川主任。きみたち、一人ひとりが作るんだ」



「自分の価値観に当てはまらない人間は、なにかが欠落していると思いたいんだな」


フジテレビ/2019年6月6日放送
【脚本】
ひかわかよ/【原作】誉田哲也
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

ストロベリーナイト・サーガ・第5話 [ストロベリーナイト]

「超能力でひとが殺せるなら、超能力者が犯罪捜査をすればいいってこと。そしたら、刑事なんて必要ない。死体に外傷がなかったり、現場に遺留指紋もなかったりで、犯罪の立証方法を根底から見直さなきゃいけなくなる。それで どうやって被害者を救えるっていうの。刑事は絶対にいなきゃいけない。わたしはそう思う」



「(あなたは)すべて他人のせいにして、自分は言い訳ばかり。自分のしたことが どれだけのことなのか、なんにも わかってない。ひとの人生をメチャクチャに壊しても、反省はない。謝罪の気持ちもない。だって、悪いのは自分以外の誰かだから。その身勝手さ、死んでも治らないんでしょうね」



「ひとが誰かの言葉で救われる なんていうのは幻想だ。結局、てめえの人生 決めんのは、てめえなんだよ」



「悪事をすべて他人のせいにする渡辺のような身勝手な人間がいる限り、犯罪はなくなりません。ときどき思うんです。ああいう人間をあと何人 逮捕すればいいのか。この仕事は本当に社会のためになっているのかって」



「農家の人間ってすごいと思わないか。自分たちが作る米や野菜をみんなが食べてしまうから、また作らなきゃいけない。そう考える農家の人間は、まずいない。繰り返し循環させ、維持していく。それが、ひとの営みってもんだからな。オレたち刑事も一緒だ。犯罪が決してなくならないから、徒労なんじゃない。誰もが安心して、安全に暮らせるよう、少しでも犯罪を防ぐために、治安を守り続ける。それがオレたち刑事の務めでいいんじゃないか」


フジテレビ/2019年5月9日放送
【脚本】
関えり香/【原作】誉田哲也
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

ストロベリーナイト・サーガ・第4話 [ストロベリーナイト]

「(あなたがやっている売春と、風俗店で働いているひとは)一緒じゃない。彼女たちは営業許可を取った店で、従業員として登録されて働いてる。サービスによって得た賃金で、税金もちゃんと納めてる。それが社会に出て、仕事をするということ。社会に認められてない仕事は、一切やっちゃダメなの」



「(あなたは)社会とは無関係。だから、自分の体で なにをしようが、誰にも迷惑をかけていないし自由――。ホントにそう思うなら、わたしが あなたの社会性をメチャクチャにしてあげる。まずは、学校にバラすわ、下坂美樹が売春をしていますって。それからご近所に、ああ、あと あなたの お父様の会社にも お知らせする。あなたの将来の勤め先にもバラすし、大好きな恋人にだってバラす。もし結婚でもすることになったら、その相手にも お伝えしなきゃ。だけど、あなたは社会性なんて構わないんだから、気にしないわよね。(名誉棄損で訴える?)法廷は社会性が問われる最たる場所よ。売春した女子高生が立ったところで、見せ物になるだけ。(中略) 未成年だろうが関係ない。この社会の一員として生きたいなら、ちゃんとルールを守って。もし守らないなら、社会から排除される覚悟を持ちなさい。当たり前のことをバカにしない。当たり前のことには、それが当たり前になるだけの理由があるの」



「あんたらガキは想像力が欠如してる。だから、クスリの怖ろしさも甘く見てる。いい、最初の一歩を踏み間違えた人間は、どん底まで落ちるの。クスリが やりたくて やりたくて、盗んだって、殺したって、欲しくて欲しくて たまんなくなるんだ。仕事も、友達も、家族も失って、全財産なくして・・・反省した挙句、自殺しよう。だけど、最後にもう一本 打ってから死のうって思う。死ぬまで、ここ(脳)が強烈な快楽を覚えてるのよ。自分はクスリをやってません。だから、無実です? 寝ぼけたこと言ってんじゃないわよ。自分がやらずに、他人に毒物をまき散らすほうが、どれだけ悪質で重い罪か、よーく考えなさい」


フジテレビ/2019年5月2日放送
【脚本】
関えり香/【原作】誉田哲也
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

ストロベリーナイト・サーガ・第3話 [ストロベリーナイト]

「おまえが言ってんのは、全部、点を勘でつなぎ合わせた推測じゃないか。もっと あいだを埋めてから しゃべれよ」



「うちの(子供)は学校に行きたがらない。イジメかもしれない。(オレが仕事で)帰らないあいだに、取り返しのつかないことに なっちまうんじゃないかと思うと、正直 身がすくむ。わかっちゃいるが、帰らないほうを選んじまうんだ。親父の役割って、なんなんだろうな」



「親代わりのように あなたの面倒を見てきたのは、償いの意味もあったでしょう。ですが、それだけではないと思います。(中略) 実の息子にしてやれなかったことを、あなたにすることで、生きる喜びを見出してもいたはずです。ひとは罰だけでは生きられないから」



「子供を真っ直ぐに育てたいなら、親も真っ直ぐに生きるべきだ」


フジテレビ/2019年4月25日放送
【脚本】
ひかわかよ/【原作】誉田哲也
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

ストロベリーナイト・サーガ・第2話 [ストロベリーナイト]

「そのような予断は、捜査の妨げになります。先入観は現場の人間に色眼鏡をかけさせることにつながり、いずれ捜査が迷走しますので、やめていただきたい。予断は禁物です」



「勘のひとつも働かせないで、刑事が務まりますか」


フジテレビ/2019年4月18日放送
【脚本】
ひかわかよ/【原作】誉田哲也
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

ストロベリーナイト・サーガ・第1話 [ストロベリーナイト]

「おめえ(は)少ない情報から犯人ホシを割り出してんじゃない。ロクな根拠もなしに犯人ホシを言い当てたり、行動を読んだりできんのは、犯人ホシと極めて近い思考回路 持ってるからだ。(中略) 危険なんだよ、おめえは」


フジテレビ/2019年4月11日放送
【脚本】
徳永友一/【原作】誉田哲也
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

ストロベリーナイト・第11話(最終回) [ストロベリーナイト]

「(捜査)方法については充分 反省し、処分も受けます。でも、真実を譲るわけにはいきません」


フジテレビ/2012年3月20日放送
【脚本】
龍居由佳里/【原作】誉田哲也
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

ストロベリーナイト・第7話 [ストロベリーナイト]

「手の届く範囲にあるものは、なんでも ふるいにかけて、最後に残った1粒をすくい取る。それがオレの捜査だ」


フジテレビ/2012年2月21日放送
【脚本】
林誠人/【原作】誉田哲也
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

ストロベリーナイト・第6話 [ストロベリーナイト]

「東大卒同士のカップル。はたから見ると、イヤみな感じですよね」
「イヤみじゃなくて、ひがみだろ、そういうの」


フジテレビ/2012年2月14日放送
【脚本】
林誠人/【原作】誉田哲也
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

ストロベリーナイト・第5話 [ストロベリーナイト]

「殺しに正義もクソもあるか。あるのは選択だ。殺すという方法をとるのか、とらないのか。それだけだ」



「人が人を殺す理由と、殺そうとする気持ちはまったく別のとことにあるということだ。人を殺すに値する理由など、この世にひとつもない。逆に言えば、どんな些細な理由でも人は人を殺すということだ。そこにあるのはたったひとつ、選択する機会にすぎん」



「人はな、一度(誰かを)殺してしまったら もうダメなんだ。再犯の可能性が高いかどうかは断言できん。だが、殺意はふくれたまま心に残る。ひとつの大きな選択肢として、魂の中に居座り続ける」



「たった一度 間違いを犯したら終わり。(あなたは)そんな強い価値観、持ってたでしょ。だけど、ひとはどんな痛みも、間違いも、背負って生きていってこそ、その先にある何かにたどり着けるんじゃないんでしょうか」



「早くラクになろうなんて しないでくださいね。苦しんで、苦しんで、カラカラになるまで苦しみ抜いてから死んでもらわないと、辻褄が合いませんから」


フジテレビ/2012年2月7日放送
【脚本】
旺季志ずか/【原作】誉田哲也
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

ストロベリーナイト・第1話 [ストロベリーナイト]

「根っこさえしっかりしてれば、枝や葉が伸びて最後にちゃんと実をつけるから、その実を拾えばいいんだよ」


フジテレビ/2012年1月10日放送
【脚本】
龍居由佳里/【原作】誉田哲也
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

ストロベリーナイト・補遺 [ストロベリーナイト]

別カテゴリーでエントリーされている「ストロベリーナイト」の台詞は以下からどうぞ

ストロベリーナイト ~アフター・ザ・インビジブルレイン~・「沈黙怨嗟/サイレントマーダー」 (土曜プレミアム)
ストロベリーナイト ~アフター・ザ・インビジブルレイン~・「アンダーカヴァー」 (土曜プレミアム)
ストロベリーナイト (映画)
※タイトルをクリックすると新しいウィンドウがひらきます
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
ストロベリーナイト ブログトップ