So-net無料ブログ作成
土曜ワイド劇場 ブログトップ
前の20件 | -

西村京太郎トラベルミステリー67・箱根紅葉・登山鉄道の殺意 [土曜ワイド劇場]

「だます人間より、だまされるほうが、人間として温かみがある」


テレビ朝日/2017年4月8日放送
【脚本】
今井詔二/【原作】西村京太郎
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

監察官・羽生宗一5 ~毒ハブと呼ばれる男~ [土曜ワイド劇場]

「根拠のない自信は無敵です」



「ウチくらいの劇団だと、芝居の力とおんなじくらい、チケットを売る力が必要なんです」


テレビ朝日/2017年4月1日放送
【脚本】
安井国穂
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

深層捜査 ドクター大嶋二郎の事件日誌 [土曜ワイド劇場]

「あなたは陽子さんに人生を奪われたのではない。自分で自分の人生を捨てたのです。もうこれ以上、陽子さんを苦しめてはいけない」


テレビ朝日/2017年3月11日放送
【脚本】
渡辺典子香月秀之
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

ショカツの女13・新宿西署 刑事課強行犯係 [土曜ワイド劇場]

「(被害者の)憎しみや恨みを煽って、なにが生まれるの? なにも生まれはしないわ。そんな感情の底にあるのは、絶望だけよ」



「いま頭の中を埋め尽くしているのは、娘さんの笑顔ではなくて、犯人の顔ではないですか。だとしたら、悲しすぎませんか。犯人に罰を与えることより、娘さんを偲んで、娘さんをいつまでも近くに感じて、生きていくことはできないでしょうか」



「(親が殺されたことを)忘れる必要はない。だが、前を向け。おまえが生きてる限り、前を向くことが両親への弔いだ」



「(正義は)ある。オレは信じてる。あんたがないと思うんなら探せ。それが刑事だ」


テレビ朝日/2017年2月18日放送
【脚本】
谷口純一郎
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

弁護士 倉沢由法の事件ファイル [土曜ワイド劇場]

「オレが読んだ六法全書には、要領よく生きろとは書いてなかった」



「警察は決してあんた(弁護士)の味方じゃないけど、敵でもない」


テレビ朝日/2017年1月21日放送
【脚本】
大石哲也
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

終着駅の牛尾刑事 VS 事件記者冴子16・ラストファミリー [土曜ワイド劇場]

「彼、絶対に事件ネタを追わないんです。なぜなら、自分が書いた記事を読んで、ひとりでもツラい思いや、悲しい思いをして傷ついたりするのは耐えられないって。だから、追うのは政治ネタだけ。政治ネタには怒りこそあれ、悲しみなんかは ないからって」


テレビ朝日/2017年1月7日放送
【脚本】
橋本綾/【原作】森村誠一
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

司法教官 穂高美子5 [土曜ワイド劇場]

「憎しみだけでも、優しさだけでも、正義感だけでも、ひとを裁くことはできないのよ」


テレビ朝日/2016年10月29日放送
【脚本】
安井国穂末安正子
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

おかしな刑事14 ~居眠り刑事とエリート警視の父娘捜査 [土曜ワイド劇場]

「病気なんて、犯人と同じようなものよ。どこに隠れてるか わかんないんだから」


テレビ朝日/2016年10月22日放送
【脚本】
水谷龍二
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

おみやさんスペシャル2 [土曜ワイド劇場]

「わたしは真壁によって、思い出すことができたんです。ひとは他者のために行動しうる存在だったのだ、と」


テレビ朝日/2016年10月15日放送
【脚本】
岩下悠子/【原作】石ノ森章太郎
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

西村京太郎サスペンス・鉄道捜査官16 [土曜ワイド劇場]

「それ以上(言い逃れの)言葉を重ねて自分をみじめにしないほうがいい」


テレビ朝日/2016年10月8日放送
【脚本】
深沢正樹/【原作】西村京太郎
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

ドクター彦次郎 ~塀の中から来た名医2 [土曜ワイド劇場]

「野口さんは後ろ盾をなくしたさかいな。(中略) 乗り手のない馬は、始末される」


テレビ朝日/2016年10月1日放送
【脚本】
安井国穂
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

刑事一徹 ~命懸けで捜査に挑む “犯人より心配性な男” [土曜ワイド劇場]

「ゴキブリに殺された人間はいない。ゴキブリを殺す人間はいる。驚いたり、心配しているのは、ゴキブリのほうだ」



「世の中には2種類の人間がいるんですよ。地べたに はいつくばる人間と、それを見下ろして笑う人間。ひとを踏みにじっても、笑ってられる人間だ」


テレビ朝日/2016年7月23日放送
【脚本】
安井国穂末安正子
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

ショカツの女12・新宿西署 刑事課強行犯係 [土曜ワイド劇場]

「立ち直った者には、必ず希望が与えられる」



「組織は単純じゃない」
「正義はシンプルです」



「くだらない。(中略) あなたが正義の剣を持っていると思うと、くだらない」



「所轄にはあんなバカが必要なんです。バカみたいに正義を信じて、はいずり回るやつらが」



「所轄がここにいるのは、あんたたち(本庁)のためじゃない。はいずり回るのも、汗水たらして駆け回るのも、あんたたちのためじゃない。市民のため。自分の正義のためなの」


テレビ朝日/2016年7月9日放送
【脚本】
谷口純一郎
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

逆転報道の女 NEWS5 [土曜ワイド劇場]

「誰かが見たいものを報道することが、わたしたちマスコミの仕事ですか。報道しなければ、誰も気づかないようなことを見つけて、それを社会全体の問題としてとらえ、提起することが、わたしたちの仕事なんじゃないですか」



「あたし、信じられようと思って生きてないから。誰かを信じようと思って生きてるの」



「憎んで、憎んで、死ぬほど憎んだら、すごいことになってた。わたしの顔は鬼みたいになってた。(中略) 誰かを憎むと、ひとって本当の鬼になっちゃうんだと思う。そんな姿、誰も喜ばないわ」



「わたしの役目は誰かを憎むことじゃなくて、世の中から “誰かを憎む気持ち” をなくしていくこと」



「前に向かって歩いていけば、どんな人間も、いつか必ず明るい場所へ出られるから」


テレビ朝日/2016年5月14日放送
【脚本】
友澤晃一
注)1段目:実際の台詞は 「それが社会全体の問題としてとらえ」 でしたが、こちらの判断で 「それを社会全体の問題としてとらえ」 に変更しました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

温泉(秘)大作戦17 [土曜ワイド劇場]

「世の中には悪いやつがいっぱいいて、そんなやつらに虐げられて、それでも懸命に生きていこうする人間がいるんです。正しく生きていこうとする人間がいるんです。でも、正しく生きていくことができなくなったとき、死ぬのはいつも弱いほうの人間なんです」


テレビ朝日/2016年4月16日放送
【脚本】
岡本貴也
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

検事・朝日奈耀子17 [土曜ワイド劇場]

「ひとの命を救うべき医師が、ひとを殺したいと思うなんて・・・。たとえ一時いっときでも、殺意という名の病にかかったわたしは、医師失格です」


テレビ朝日/2016年4月9日放送
【脚本】
田中孝治
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

京都南署鑑識ファイル10 [土曜ワイド劇場]

「(誤認逮捕の責任を取って警察を)辞めたかて、罪滅ぼしにはならん。あんたの気がすむだけや」


テレビ朝日/2016年4月2日放送
【脚本】
福島治子
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

検事・悪玉 [土曜ワイド劇場]

「納得のいく、腑に落ちる犯罪なんてのは存在しない。すべてはヘドが出るくらい利己的で、わがままで、自分勝手な行為に過ぎないの」



「犯罪者を裁くのは法律だ。しかし、その法律を使うのは人間だ。だからこそ、ちょっとでも(真実に)濁りがあってはならない」



「私的な裁きは、ただの自分勝手で愚劣な殺人だ」



「後悔や憎しみを乗り越えられるのは、誰かを思う愛情だけだ。そして、乗り越えて初めて前を向ける」


テレビ朝日/2016年3月19日放送
【脚本】
山岡潤平
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

おみやさんスペシャル [土曜ワイド劇場]

「年を取ると、やたらと早く目が覚めてね。とっくに目は冴えているのに、なかなか夜は明けないんだ」


テレビ朝日/2016年2月13日放送
【脚本】
岩下悠子/【原作】石ノ森章太郎
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

山村美紗サスペンス・京都・開運ツアー殺人事件(狩矢父娘シリーズ17) [土曜ワイド劇場]

「親が娘の行く末を案ずるのは当然です。しかし、わたしたちにできることは、あれこれと手を焼くことではない。正しい生き方を娘に示してやることじゃないでしょうか」


テレビ朝日/2016年1月30日放送
【脚本】
田中孝治/【原作】山村美紗
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
前の20件 | - 土曜ワイド劇場 ブログトップ