So-net無料ブログ作成

リッチテキストエディタについて

2017年4月以前の旧リッチテキストエディタを使うための裏技はこちらをご覧ください
前の10件 | -

俺のスカート、どこ行った?・第10話(最終回) [俺のスカート、どこ行った?]

「イヤなことも必要なのよ。ほら、差し色って大事じゃない? 白ばっかり、黒ばっかりじゃ、つまんないでしょ。一色 統一の中に、どんな色を差し込むか・・・。楽しいばかりじゃ、つまんないじゃない? 楽しい毎日に、ちょっとだけ嫌なことを差し込んであげるの。(中略) イヤなことは人生の差し色だから」


日本テレビ/2019年6月22日放送
【脚本】
加藤拓也
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

やじ×きた 元祖・東海道中膝栗毛・第12話(最終回) [やじ×きた]

「オレたちは、浮世のしがらみからハメ外すのが、仕事みてえなもんなんだ」



「(寄進をせよと)そうは言うてはおらん。言うてはおらんが、言うてはおらんだけで(寄進は欲しい)」



「神様からバチが当たるなて、むしろ光栄なことよ。神様に見放されっぱなしの旅だったからよ」


テレビ東京/2019年6月22日放送
【脚本】
大塚祥平/【脚本監修】池田政之/【原案】十返舎一九
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

なつぞら・第72話 [なつぞら]

「(試験の)結果はまだ出てねえ。(でも、仕事はやめた。)なっちゃんだって同じだべ。(なっちゃんも東洋映画の採用試験に)受かる前に酪農をやめたんでねえか。決心するっていうのは、そういうことだ」


NHK/2019年6月22日放送
【脚本】
大森寿美男
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

インハンド INHAND・第11話(最終回) [インハンド]

「今日が無事に終わらなければ、明日あしたは来ない。明日が来なきゃ、明後日あさってもない。100年後っていうのはな、そういった かけがえのない毎日の積み重ねで やってくるんだ。目の前の命を犠牲にするやつに、未来は救えない」


TBS/2019年6月21日放送
【脚本】
吉田康弘/【原作】朱戸アオ
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

大富豪同心・第7話 [大富豪同心]

「普通に生けるなら、花は多すぎてはいけません。どれを大事にして、どれを捨てるか はっきりすることで、選んだものをより可憐に際立たせることができるんです。そのほうが花も幸せです」


NHK BSプレミアム/2019年6月21日放送
【脚本】
伊藤靖朗/【原作】幡大介
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-・第11話 [電影少女]

「初めて会ったとき、健人たけとは『願いなんてない』って言ったの。でも、わたしには『願いが欲しい』『なんでもいい、本当の願いを見つけたい』って、そう聞こえた」



「マイと健人は、お互いの願いを かなえ合うために出会ったんだね」


テレビ東京/2019年6月20日深夜放送
【脚本】
喜安浩平山田能龍/【原作】桂正和
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

カカフカカ -こじらせ大人のシェアハウス-・第9話 [カカフカカ]

「あえて最悪なパターン想定して考える癖ついちゃってない? べつにそれが悪いこととは思わないけど、同時に最良も考えておくべきだと思う。でないと、言葉も行動も最悪なほうに引っ張られるから」



「つきあうって、両思いになることとイコールじゃない」



「好きってことより、しんどいとか、ツラいってことがまさったんなら、全然 逃げていいと思うよ」


tvk/2019年6月20日放送
【脚本】
阿相クミコ/【原作】石田拓実
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

ストロベリーナイト・サーガ・第11話(最終回) [ストロベリーナイト]

「警察とヤクザ、両方やって よくわかった。警察は本気で悪人を叩こうとはしないし、悪人は叩かれたところで、反省なんて なにひとつ していない。やつらにとっては、刑務所なんて別荘程度でしかない」



「(実刑 食らって)10年、15年、勤めたって、(シャバに)出たら、なにをやろうか、どういった家に押し入ってやろうか、どうやって他人をだまそうか、かえって刑務所ムショで知恵つけて、タチが悪くなって帰ってくる」



「わたしは17才の夏、見知らぬ男にレイプされた。犯人は逮捕された。強姦だけじゃなく、ひとり殺しているから、そいつは いま まだ塀の中にいる。でも、それだけじゃ、なんの解決にもならない。傷ついたこの体は二度と もとには戻らないし、途中で抵抗をやめて その男を受け入れた自分は一生 許すことはできない。男のひとを愛する資格なんて わたしにはないし、愛される自信もない。鏡を見る度、いまでも思う。この呪いを解く方法があるとしたら、あの男をこの手で殺すしかない。あいつさえ殺せば、全部きれいさっぱり消えてなくなるかもしれない。だから、何度も殺した。何万回、何百万回、頭の中であいつを殺してきた。刺し殺して、撃ち殺して、絞め殺して、殴り殺した。テレビで殺人事件のニュースを見る度に、自分だったらこうする、こうやってあいつを殺してみせるって、あたしはそんなことばかり、狂ったように考えて生きてきたのよ、事件後の人生を。それでもね、そんな わたしにも生きていける場所はあったの。警察があたしの過去を知らないはずがない。それでも黙って、あたしに生きる場所を与えてくれたの。それで、少し許されたって感じられた。あたし、生きていいんだ。まだ、死ななくていいんだって思えた」



「わたしたちの中には殺意がある。憎しみも消えない。これは もう しょうがない。だって、消えるはずがない。体はあの屈辱を覚えている。同じ体で生きている以上、忘れることなんてできない。でも、この憎しみや殺意は、実は愛情の裏返しなんだって、そういうふうには考えられないかな。自分を大切に思っているからこそ、傷つけられると、悔しいし悲しい。誰かを大切に思っているからこそ、その誰かが傷つけられたら、殺したいほど憎くなる。憎しみや殺意だけじゃなくて、わたしたちの中に愛情もたくさんあるんだって、そういうふうには認められないかな。お願い、その銃を置いて。いま あなたが銃を置いてくれたら、わたしの仲間を殺さずにいてくれてありがとうって言える。償うべきことを償えば、あなたなら必ず出てこられる。ツラいかもしれない。なかなか生きる場所が見つからないかもしれない。だったら、そのときは わたしのところに来て。わたしが許すから・・・ほかの誰かが許さなくても、わたしがあなたを許すから。だから、お願い、いまはその銃を置いて」


フジテレビ/2019年6月20日放送
【脚本】
徳永友一/【原作】誉田哲也
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

緊急取調室3・第10話(最終回) [緊急取調室]

「取り調べを ただの仕事だと思ったことは ないんだよ。仕事だと割り切ってる相手に、誰も本当のことは打ち明けてくれないからね」



「この取り調べが終わっても、あなたの人生は続くんです。それを忘れてはいけない」



「そんな顔するな。きたない人間は、もっとみにくい顔をしろ」


テレビ朝日/2019年6月13日放送
【脚本】
井上由美子
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

なつぞら・第69話 [なつぞら]

「奇跡なんてもんは、案外、人間が当たり前のことをする勇気みたいなもんだよ。その勇気を持ってる人間は、どこにでもいるよ」


NHK/2019年6月19日放送
【脚本】
大森寿美男
nice!(2)  コメント(0) 
前の10件 | -