So-net無料ブログ作成
日曜ワイド ブログトップ

ハルさん ~花嫁の父は名探偵!? [日曜ワイド]

「自分にあわない場所になんて、無理している必要はない」


テレビ朝日/2017年12月3日放送
【脚本】
深沢正樹/【原作】藤野恵美
nice!(0)  コメント(0) 

白い刑事 [日曜ワイド]

「裁判に間違いがふたつあるとすれば、間違った無罪と、間違った有罪です。そして、同じ間違えるなら、有罪の人間を無罪にする間違いのほうが許されると、相良くんは考えています。無実の人間を有罪にすること、つまり冤罪だけは決して起こしてはならないというのが、彼の信念なんです」


テレビ朝日/2017年10月22日放送
【脚本】
安井国穂/【原案】佐野洋
nice!(0)  コメント(0) 

庶務行員 多加賀主水が許さない [日曜ワイド]

「正しいことを、正しくおこなうのは、難しいことなのかもしれない。でも、だからこそ、自分たちのちっぽけな幸せを守ることを理由に、正しくあることをあきらめるのはよくないと、ぼくは思います」


テレビ朝日/2017年10月15日放送
【脚本】
李正姫中村由加里/【原作】江上剛
注) 実際の台詞は「正しいことを、正しくおこなっていくことは、難しいことなのかもしれない」でしたが、こちらの判断で「こと」の連続を削除しました。
nice!(2)  コメント(0) 

司法教官 穂高美子6 [日曜ワイド]

「われわれ弁護士は、被告人の嘘と どう向き合うかが大事ですからね。検察や警察は、被疑者や被告の嘘や隠し事を見つけると、そこを突破口として追及しがちなんですよ。けれど、取調べを受けてる人間が嘘をつくのは当然なんです。誰も、処罰されたい人間など いないわけですからね」



「依頼人の利益を守るのが弁護士の職務ですよね。依頼人の嘘に気づきながら、報酬と実績 目当てに、平然と嘘に乗っかる弁護士なんて大勢いるじゃないですか。犯人をかばうのも、弁護士の仕事のひとつじゃないですか」


テレビ朝日/2017年10月1日放送
【脚本】
小峯裕之/【脚本協力】末安正子
nice!(0)  コメント(0) 

山村美紗サスペンス・京都・どうぶつツアー殺人事件(狩矢父娘シリーズ19) [日曜ワイド]

「きみたちのことが残念でなりません。動物はムダな殺しはやらない。ゴリラでも死を悲しむ気持ちがあるのに、どうして人間は自分のエゴのためにひとを殺すのか・・・」


テレビ朝日/20167年9月24日放送
【脚本】
谷慶子/【原作】山村美紗
nice!(3)  コメント(0) 

特殊犯罪課・花島渉2 絶対に失敗しない最強の交渉人! [日曜ワイド]

「気づいたんです。交渉は人質(を救う)だけではなく、犯人の罪をも軽くする唯一の方法だと。だから、わたしは交渉人になったんです」


テレビ朝日/2017年9月17日放送
【脚本】
谷口純一郎
nice!(0)  コメント(0) 

おかしな弁護士 [日曜ワイド]

「ギャンブル? (株式投資は)そんな単純なもんじゃない。頭をフルに使って先を読み、社会という盤上で競う将棋みたいなもんです」


テレビ朝日/2017年8月6日放送
【脚本】
水谷龍二
nice!(2)  コメント(0) 

おかしな刑事16 [日曜ワイド]

「この(ネット掲示板の)文章は、なんだか目がすべりますなあ」
「句読点がないんだよ」


テレビ朝日/2017年7月30日放送
【脚本】
岡崎由紀子
nice!(0)  コメント(0) 

京都南署鑑識ファイル11 [日曜ワイド]

「(心情的に)信じたくても、信じてはいけないのが刑事だ」



「あなたは地位と財産、そして名誉まで手に入れた。だが、いまのあなたは過去の罪の上にいる」


テレビ朝日/2017年7月23日放送
【脚本】
福島治子
nice!(0)  コメント(0) 

殺人の花客(森村誠一の終着駅シリーズ) [日曜ワイド]

「心優しきそのひとは、決して絶望することはないでしょう。彼の優しさそのものが、彼自身を救う。そんな気がするのです」


テレビ朝日/2017年7月16日放送
【脚本】
坂上かつえ/【原作】森村誠一
nice!(0)  コメント(0) 

家裁調査官 山ノ坊晃2 ~紛争解決100%の男~ [日曜ワイド]

「笑ってみませんか。にらみ合いからは なにも生まれません。でも、笑顔からは たくさんのものが生まれます」



「彼はどん底の悲しみを知っている。そして、そこから立ち直らせてくれるのは、ひととのふれあいとか、優しさとか、笑顔だということも知っている」


テレビ朝日/2017年7月9日放送
【脚本】
深沢正樹
nice!(0)  コメント(0) 
日曜ワイド ブログトップ