So-net無料ブログ作成
検索選択
櫻子さんの足下には死体が埋まっている ブログトップ

櫻子さんの足下には死体が埋まっている・第8話 [櫻子さんの足下には死体が埋まっている]

「大切なひとを失くして、悲しみに打ちのめされた人間は、まわりのあるもの なんでも しがみついて、倒れまいと必死になる」



「生きていくということは、自分が誰かを支える骨になる。と同時に、自分を支えてくれる骨を探す旅だと、わたしは思ってる」



「涙は血液成分から、血漿けっしょう成分をのぞいた液体分だ。水分は涙として放出されるが、血漿成分は体内に残り、そのせいで一時的に血液が濃くなる。だから、泣いたあとは よく水分を取ったほうがいい。できれば、塩分もな」


フジテレビ/2017年6月11日放送
【脚本】
山岡潤平/【原作】太田紫織
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

櫻子さんの足下には死体が埋まっている・第6話 [櫻子さんの足下には死体が埋まっている]

「どんなに悔やんでも、過去は変えられない。後悔は一生 消すことはできない。でも、止まった時計の針を動かすことはできる。未来のために やれることは あるはず」


フジテレビ/2017年5月28日放送
【脚本】
山岡潤平/【原作】太田紫織
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

櫻子さんの足下には死体が埋まっている・第4話 [櫻子さんの足下には死体が埋まっている]

「死に様が、生きざまを表す。そうは思わんか」 →類似(1段目)



「あなたの犯行を証明する術は、わたしにはない。(中略) 宙に浮いたその罪は、(あなたが)この先、独りで背負っていくしかない」


フジテレビ/2017年5月14日放送
【脚本】
武井彩/【原作】太田紫織
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

櫻子さんの足下には死体が埋まっている・第1話 [櫻子さんの足下には死体が埋まっている]

「先入観というものは、見たいものしか見せなくさせるものだ」



「すべてのことが理由をもってそこに存在し、ひとつの事実を形作っている」



「絶望だけが死を選ぶ理由にはならない。三島多香子は死をもって勝ったのかもしれない」



「三島多香子は死という永遠の沈黙を選んだ・・・どんな思いでその選択をしたのか語ることもないまま。そして、彼女の本当の思いを知る術はもうない。ゆえに、残された者は苦しみから逃れることはできない。死とはそれほど圧倒的なものなんだ」


フジテレビ/2017年4月23日放送
【脚本】
山岡潤平/【原作】太田紫織
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
櫻子さんの足下には死体が埋まっている ブログトップ