So-net無料ブログ作成
コード・ブルー ブログトップ
前の20件 | -

コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-THE THIRD SEASON・第10話(最終回) [コード・ブルー]

「たぶん あなたは いままで自分の人生に真面目に向き合ってこなかった。人生の困難な決断をしなければならないとき、きっと誰かに背負わせてきた――。そうすれば、失敗も責任もないから。奥さんは親になる重圧や恐怖を、あなたの分まで、ふたり分 背負って決めてきたはずです。でも、もう奥さんはいません。子供の人生じゃない。あなたの人生を、あなた自身で決めてください」



「医者は所詮、助かる命しか救えない。手の施しようのない患者を、神のように救うことなんてできない。救える命を確実に救う。そのために日々、学んでる」



「あなたは一緒に歩いてくれる。わたしが元気なときは一緒に走ってくれて、疲れているときは一緒に腰を下ろして笑ってくれる。先に行くことができるときも待っててくれる。でも、わたしのために行きたくないところへ行こうとしないでほしい。わたしはあなたが選んだ道を一緒に歩きたい」



「知識や経験は(彼には)まだまだ足りない。これから先、失敗もするでしょう。落ち込むことも、数えきれないほどあるはずです。でも、彼はそれを乗り越えていける・・・自分の力で。彼から その機会を奪わないであげてほしいんです。彼は頭がよくて、手先は器用なんです。その分、性格は不器用だけど・・・。ひとの痛みを理解する心も持っている。ちゃんと自分の道を歩きはじめてるんです。だから、じっと待ってあげてくれませんか。きっと、わたしの指導なんか必要ないんです。(お父さん、)あなたの指導も」



「周産期医療センター(から医局長就任の要請がきてるうえ)に、フェローの名取(の指導医も続けなきゃならない)。もう、あたしを必要とするひとが増えて、ホント困る。でも、わたしは大丈夫。誰よりも欲張りだから。それに、誰よりも努力が好きだから。徹夜続きで肌がボロボロになっても、何日もお風呂に入れなくても、全然 平気。(あなたみたいな)手がかかる彼氏がいるのも、せいぜい そのひとつ。わたしはあなたがいるからって、夢を失ったりしない。あなたがいるから、夢に向かってもっと努力したいって思える。その体じゃ、わたしを支えられないって思ってるんだったら、その分、心で支えて」



「9年前、ここに来た理由は難しい症例が集まるからだった。あのころのオレは自分のために医者をやってた。いまは誰かのために医者でありたいと思う。オレはそれを おまえたちから教わった」



「先の見えない暗闇に独りたたずみ、ときに心が折れそうになる。この先に光がなかったら・・・。歩いた方向はまるで逆で、光から遠ざかる結果だったら・・・。そんなときは思い出してほしい・・・独りではつらい暗闇を共に歩ける仲間の存在を。求めるのは光そのものじゃない。光を一緒に探すことのできる仲間だ。それさえあれば歩き続けることができる」


フジテレビ/2017年9月18日放送
【脚本】
安達奈緒子
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-THE THIRD SEASON・第9話 [コード・ブルー]

「チームワークとか、献身的なプレーとか、そんな つまらないものを身につけはじめたときに、あいつは死んだんだ。エースっていうのは、わがままで、自分勝手じゃなきゃダメなんだ。とがり続けるっていうのは、精神的にも、肉体的にも きつい。だから、たいていの人間は丸くなる。それを、成長とか、大人になったとか、耳ざわりのいい言葉でごまかす。自らの挫折、他人の痛み、そんなものを知って、それでも とがっていられる人間は、そう多くはいない。あいつはそんな人間のひとりだった。オレたちが両角もろずみを殺した・・・チームに貢献してくれと頼んで。エースとしての選手生命は、オレたちが絶ったんだ」



「いまあなたのキャリアを奪ったら、わたし、藍沢先生になにも言えなくなる。それって、近くにいても遠くなる。そんな関係はいや」



「9年前のあなたは違った。誰よりもいい医者になる。そのためなら、まわりとの摩擦もいとわない――。そこに わたしたちはあこがれた。(だから)なにかのせいにして、ラクな道を選んだりしないでほしい。藍沢先生がいなくたって、わたしたちはちゃんとやれる。・・・違う。あなたがいない分、強くなろうとする」


フジテレビ/2017年9月11日放送
【脚本】
安達奈緒子
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-THE THIRD SEASON・第8話 [コード・ブルー]

「あいつが言うんだよ。(スタッフリーダーは)白石以外に、いないじゃないですかって。わたしや藍沢は、タフというよりは、自分勝手なだけだ。決断力があるように見えるのは、ひとのことを考えずに、自分のことだけを考えるからだって。自分のことを後回しにして、スタッフたちの悩みや苦労に耳を傾けられる白石みたいな人間が、リーダーにはふさわしいんだって。あいつがさ、強硬におまえのことを推したんだ」



「子供はよくケガをするけど、その分、治りも早い。それは何度もケガをすることで、痛みを知るためだって。それで、他人の痛みも理解できるようになる。だから、治るケガなら、たくさんしたほうがいいって」



「まえの病院にも同期はいたけど、(こことは)全然、違う。まえはただ、ため口で話せたり、面白いことあったら一緒に笑ったり・・・。(でも)ここはなんか、ほら・・・「同期!」って感じ。(中略) 現場での緊張とか、なにもできない歯がゆさとか、同じように味わってる。名取先生だってそう。その気持ちがわかるのは あたしたちだけ。3人だけ」



「医者には、休日に一緒に買い物や旅行に行くような友達はいない・・・。けれど、仲間はいる。決して馴れ合いではなく、かといって敵でもない。長い年月と、体験の共有――。成功体験はもちろん、つらい体験、悲しい体験、恥ずかしい部分も含めて、お互いをさらけ出す。そんな時間を経て、初めてわたしたちは仲間になる」


フジテレビ/2017年9月4日放送
【脚本】
安達奈緒子
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-THE THIRD SEASON・第7話 [コード・ブルー]

「外科医を続けるなら、賭けに勝ち続けろ。かつて恩師から言われた言葉だ。たった一度の負けが人生を変えてしまうから――。そう教わった。だが、本当は違う。医者が負けて、その代償を払うのは、たいていの場合、患者だ。失われるのは患者の人生だ。医者の人生ではない」


フジテレビ/2017年8月28日放送
【脚本】
安達奈緒子
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-THE THIRD SEASON・第6話 [コード・ブルー]

「もう昔の自分じゃない。医者として それなりに経験も積んだし、感情をコントロールする術も身につけた。ある程度やれるという自信もある。それでも、医療の現場では出会ってしまう・・・激しく(気持ちを)揺さぶられてしまう自分に。そして、落ち込む。医者を続けている限り、わたしたちは自分に落胆し続けるのだろう」



「ぼくは臆病で、なにをするにも出遅れる。やらなくていいなら、やらないほうを選ぶ。今日もそうでした。でも、いま やらないで もし あなたが死んだら、今後、自分を許すことができません」



「(臓器の搬送先を記した用紙は)たった1枚。たった6行。たくみくんの体は日本中に運ばれていく。この6行は匠くんが17年間 生きた証――。そして、この1行1行にこれから生きる6人の未来が書かれてる。だから、わたしは手を抜かずにやりたいの、書類仕事を」



「実際、見たのは初めてなんだ、臓器の摘出手術。あんなに大勢の医者がやってきて、少年の体から なにもかも持っていくんだな。なんなんだって思うよ」



「山口匠くんは、誰かの一部になって生き続ける――。きれいごとだよな。ただ誰かが死に、誰かが生きる。それが移植医療だ。匠くんは臓器提供者になるために生きてきたわけじゃない。でも、彼の死で日本中の10歳代から60歳代までの、6人の命が救われる・・・。6人の命だ。すごいことだと、オレは思う」



「自分に落胆することは悪いことじゃない。心底、自分が嫌になって初めて、ひとは変わろうと思えるから」



「落胆は成長につながる。でも、それは若いひとの場合だ。わたしたちは もう昔の自分じゃない。落胆が成長につながる時期はとっくに過ぎてしまった。いまのわたしたちに求められるのは、成長ではなく結果。それだけだ」


フジテレビ/2017年8月21日放送
【脚本】
安達奈緒子
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-THE THIRD SEASON・第5話 [コード・ブルー]

「次は ないのよ。わたしたち医者には次があるけど、患者さんは命を落としたら、もう次はないの」



「レスキューの現場に条件の良いときなんてない。だから、なにか起きたとき、言い訳をしようと思えば、いくらでもできる。資機材が足りなかった。通報が遅かった。だから救えなかった。そう言えば許されるだろう。でも、そんな言い訳をする人間に命を預けたいと思うか。ひとは、起きたことはすべて自分の責任だと言い切れる人間に、命を預けたいと思うものだ」
→参照(2段目)



「ひとは幸せになるために結婚するんじゃない。つらい毎日をふたりで乗り越えていくために結婚するんだ」


フジテレビ/2017年8月14日放送
【脚本】
安達奈緒子
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-THE THIRD SEASON・第4話 [コード・ブルー]

「医者は突然、窮地に立たされる。あらゆる事態に備えて準備していたとしても、現実は予測を上回る。そして、医者はたいてい負けず嫌いだ。予測を上回る現実にさえ、勝ちたいと思う。だから、手を動かし、考え続ける。きっと なにか方法はある」



「移植ってな、順番が回ってくるまで、だいたい1000日 待つんだ。綱渡りのような1000日なんだよ。毎晩、寝る前は、あしたはちゃんと目が覚めるんだろうかと不安になる。目が覚めれば、今日いちにち血栓や感染症にならずに過ごせるんだろうかと心配になる。そういう毎日を乗り越えて、ようやく順番が回ってくる。でも その日、風邪で熱があったら心臓は ほかのひとに回される・・・。わずかな体調の崩れで、生きるチャンスを失うんだ」



「もう、お先真っ暗だよ。いや、真っ暗どころじゃないよ。闇だよ、闇。(中略) 闇の中で暗くなってたら、自分自身がどこにいるか わかんなくなるだろ。だから、闇の中にいるときこそ、気合で明るくすんだよ。そしたら、まわりも見えてくるんだよ」



「誰かを勇気づけたいと思ったときは、笑ってあげればいい。医者が見せる不意の笑顔は、案外、手術や薬よりも、患者の心をいやすのかもしれない」



「彼女(の病気)には命を救う方法がある。そして、オレたちはその医療を提供することができる。(後遺症が残り)あとで嘘つきと罵られようと、代償を払わされようと構わない。彼女が生きてるほうがいい」


フジテレビ/2017年8月7日放送
【脚本】
安達奈緒子
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-THE THIRD SEASON・第3話 [コード・ブルー]

「ご主人が本当に生きたがっていたかどうかは、わたしたちにもわかりません。ですが、少なくとも体は生きたがっていた・・・。肝損傷に腸管損傷、同じケガで命を落とすひとも少なくありません。ですが、秋本さんは生きた。ダメージコントロールは患者さんの生命力に問いかける行為です。秋本さんの体は生きたいと答えてくれた。体が答えてくれるまで、わたしたちは24時間待った。でも、心が答えてくれるまでには、きっともっと時間がかかると思います」



「臆病であることも、医者の素質として必要だと、わたしは思う」



「命と、命よりも大切だと思うもの、どちらかを選ばなければならないとき、医者は命を優先する。命さえあれば、いつか大切なものを失ったツラさをも乗り越えられると、医者は信じているから」


フジテレビ/2017年7月31日放送
【脚本】
安達奈緒子
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-THE THIRD SEASON・第2話 [コード・ブルー]

「(17才で母親になって)独りで子供を育てるってことが、どういうことか、本当にわかっているのか。誰も代わりはいないんだぞ。当然、赤ん坊のときは一時いっときも目が離せない。保育園に預けられるようになったって、夜 遅く帰るわけにはいかないから、できる仕事も限られる。誘われても断ってばっかになるから、友達もいなくなる。趣味なんて、やる余裕も金もない。(中略) 考えてみろ、同級生がみんな、洋服だ、合コンだって、楽しんでるときに、毎日おむつ換えたり、熱だ、下痢だ、予防接種だって、病院に行くことになるんだぞ。おまえ、まだ17だろ。17才は、17才のときにしかできないことをしろ。いいんだよ、ふらふらして。好きなやつと恋愛したっていいんだ」



「どんなに正しいことでも、言い方を間違えれば、相手は傷つくわけだし」



「信頼できる上級医からの『よくやった』って、フェローにとっては魔法の言葉。悩みも、疲れも、その一言で吹き飛ぶ」


フジテレビ/2017年7月24日放送
【脚本】
安達奈緒子
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-THE THIRD SEASON・第1話 [コード・ブルー]

「あれなら、そこそこ経験を積んだナースのほうが使えるな。医者はプライドある分、面倒だ」



「現場は指揮官を求めてる。消防も、救急も、警察も、目的は同じだ。ひとつでも多くの命を救うために仕事をしてる。その方法をいちばんよく知ってるのが医者だ。だから、(災害の)現場は医者の判断で動く。だが、医者がただ大勢いたところで機能しない。引っ張ってく人間が必要なんだ。白石、指揮官になれ」



「独りでは叶うと信じることすら困難な願いもある。そんなときはどうする。共に信じてくれる仲間と願えばいい」


フジテレビ/2017年7月17日放送
【脚本】
安達奈緒子
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-2nd season・第11話(最終回) [コード・ブルー]

「人は、1人では命を大切にしない」


フジテレビ/2010年3月22日放送
【脚本】
林宏司
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-2nd season・第10話 [コード・ブルー]

「しっかり走れよ。全力疾走できる時間は意外と短いぞ」


フジテレビ/2010年3月15日放送
【脚本】
林宏司
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-2nd season・第8話 [コード・ブルー]

「カルテには医療的な処置は書いてあっても、患者や、まして患者の家族との、心のやり取りは書かれていない。それが最も大切なことなのにです」



「医者が謝るべき時はただ1つ、患者のためにならないことをした時だけです」



「DNR(蘇生拒否)オーダーは、翼くんを死なせるっていう書類なんです。直美さんは、すでに意思表示されていた。なのに、そんな書類にサインさせろっていうんですか・・・家族を死なせることに同意する書類に。(中略) 私は平気でそんなものにサインさせる医者は狂ってると思います」


フジテレビ/2010年3月1日放送
【脚本】
林宏司
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-2nd season・第7話 [コード・ブルー]

「結果より、努力する過程が大切だ。そんなこと真っ赤な嘘だと、大人になって、人は気づく。人は結果でしかものを見ない」



「正しくても、結果が悪ければ、人は間違いだと言う」



「すぐ先に目標を立てて、そこまで生きる。その繰り返しで、(彼は)少しでも長く生きようとしてた」


フジテレビ/2010年2月22日放送
【脚本】
林宏司
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-2nd season・第6話 [コード・ブルー]

「なぜ患者のすべてを引き受けようとするんだ。悲しみは、家族に引き受けてもらえばいい」



「心を許せば、その分 傷つくことも多くなる。だから、心を閉ざす。そうやって自分を守る・・・」


フジテレビ/2010年2月15日放送
【脚本】
林宏司
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-2nd season・第5話 [コード・ブルー]

「医者は患者を治すために、あらゆる手を尽くす。ありったけの経験と、知識と、腕を総動員して、なんとか患者を死の淵から引きずり戻そうとする。・・・そして、すべての努力ののち、知る。それでも、助けられないこともある、と」



「なんて声かけたらいいんですかね、ホントに悲しんでるやつに」


フジテレビ/2010年2月8日放送
【脚本】
林宏司
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-2nd season・第4話 [コード・ブルー]

「おまえみたいな親なら、いらない。子供は産み落とされれば、独りでも生きていくんだ」



「授業参観は行けるときだけ行けばいい。ただ、運動会は少し無理してでも、行ってやってくれ。担任の先生とする二人三脚はつらい」



「過去は自分の生きた証だ」


フジテレビ/2010年2月1日放送
【脚本】
林宏司
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-2nd season・第3話 [コード・ブルー]

「人は真実を知りたがる。・・・そして、不幸が始まる」


フジテレビ/2010年1月25日放送
【脚本】
林宏司
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-2nd season・第2話 [コード・ブルー]

「助けた患者は忘れていい。救えなかった患者だけ、覚えておけばいいんだ」


フジテレビ/2010年1月18日放送
【脚本】
林宏司
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-2nd season・第1話 [コード・ブルー]

「愛と勇気だけでは、患者は甦らない」



「患者の人生まで引き受けていたら、医者は頭がおかしくなるぞ」



「医者を続けることは、奇跡が起こらないってことを確認することかもしれない」



「残りの人生、おまえに会うために使いたい」



「救命の世界に奇跡はない――。医者になって最初に覚えた言葉。2番目に覚えたのは、患者を前にして、奇跡を願わない医者はいないということ」


フジテレビ/2010年1月11日放送
【脚本】
林宏司
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
前の20件 | - コード・ブルー ブログトップ