So-net無料ブログ作成

木皿泉劇場「道草」・魚屋ブルース編 [単発]

「自分で選んだ人生じゃないの? 恥をかくもの、嫌な思いをするのも、選んだ限り、自分の責任でしょうが」


NHK/2018年5月12日放送
【脚本】
木皿泉
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

You May Dream [単発]

「博多でチヤホヤされたって、仕事にならんやったろうが。東京で勝負かけてきねえ。いまのままじゃ、ぬるま湯につかっとるだけやろう。風呂の外ン出て、火をくべるモンがおらんと、みーんな いっぺんに風邪ひくけえ」


NHK BSプレミアム/2018年5月6日放送
【脚本】
葉月けめこ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

天才バカボン3 ~愛と青春のバカ田大学 [単発]

「遊びは本気でやらないと、つまらないのだ」



「どうだ、ジョージ。(負けて)くやしいか。それでいいのだ。全力でぶつからないと、なにも わからないのだ」


日本テレビ/2018年5月4日放送
【脚本】
天野慎也吹原幸太/【原作】赤塚不二夫
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

京都人の密かな愉しみ Blue 修業中「祝う春」 [単発]

「うちの棟梁は いきなりは怒らはらへん。試すように問いかけてきはる」



「小林くんにあって、葉菜はなちゃんに足らんもんは なんやろな。圧倒的な失敗の数やと、わしは思うねんけどな」



「京都の男はしっかりした女がそばにいてると、悪気 う甘えるし、寄りかかる。男っぽいのは、もっさい思うてる。身をやつしてオシャレするのが好き。誰にでも、よう思われたいから八方美人」



「風情ちゅうのは日本の美意識のひとつやな。きれいな花も いつかは枯れる。その はかなさを、咲き誇る花の中に感じるのも風情。逆に、一見みすぼらしいものの中に、わずかに残る美しさを感じ取るのも風情。これは修業して身につく技量とは違う。どれだけなごう人生を生きてきたか。どれだけ たくさんの美しいもんや、醜いもんを見てきたか、そういう人間の深みから自然と にじみ出てくる感覚や」


NHK BSプレミアム/2018年4月14日放送
【脚本】
源孝志
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

黒井戸殺し [単発]

「わたしは医者です。亡くなったひとより、亡くなりそうなひとのために時間を割きたいと思います」



「あなたはご自分の大切なひとを守るために、黒井戸さんから最も大切なひとを奪ってしまった・・・」


フジテレビ/2018年4月14日放送
【脚本】
三谷幸喜/【原作】アガサ・クリスティ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

がん消滅の罠 ~完全寛解の謎~ [単発]

「この国で多くのひとの命を守るためには、コップの中を変えても意味がない。コップの外をこそ変えなければ」



「少数の犠牲があっても、圧倒的多数のひとが幸せになれるのなら、国民全体の幸せと言える。いったい なんの問題がありますか」


TBS/2018年4月2日放送
【脚本】
吉本昌弘船橋勧/【原作】岩木一麻
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

どこにもない国・後編 [単発]

「日本には、いま外交はないんだよ。連合国軍に占領された日本には、独立した政府がない。これは当然のことだ。だから、われわれ(外務省)は陰で彼ら(GHQ)をうまく操って、日本に有利な策を取らせようとしている。外交なき外交の上で、満州からの引き上げを始めなくてはない。われわれとて、政治よりも いまは “お願い” が上にたっておるんだ」



「戦争中、国民に対し不可能を可能にしろと号令し、その結果、いまだ数百万の同胞たちが安否不明のまま海の彼方に取り残されています。巣鴨の刑務所に眠る戦犯被告たちのほうが、はるかに温かい毛布にくるまれ、はるかにおいしい、栄養のあるものを食べているとき、満州においては、いまなお戦争がなんであるかを まったく知らない乳飲み子や、無邪気な子供たちまでが、日夜 銃声におびえ、強盗略奪の被害者となり、戦犯被告より数倍する責め苦を受けています。いまこそ官民一致、国を挙げて救出のため、戦争当時のそれに数倍する努力を傾け、それこそ不可能を可能にすべきときです」


NHK/2018年3月31日放送
【脚本】
大森寿美男
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

平成物語・第2話 [単発]

「『ああなりたい』が『こんなはずじゃなかった』になってて、何にもなれなかったなあ」


フジテレビ/2018年3月30日深夜放送
【脚本】
加藤拓也
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

東京センチメンタルSP ~御茶ノ水の恋~ [単発]

「彼女が気にしてるのは(過去じゃなくて)未来なんだよ。好きだ、愛してる、オレは過去なんか気にしない。そればっかりじゃなくてさ、彼女の話をしっかり聞いてやれよ」


テレビ東京/2018年3月30日深夜放送
【脚本】
松本哲也
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

静おばあちゃんにおまかせ・「シンデレラの回」 [単発]

「ひとはね、物心つくころからの行動のパターンていうのが自然にあるの。そして、それと世間の良識とをすり合わせていく作業を成長っていうの」



「ものすごいジロジロ見られた。(中略) 視線に温度があったら、2分で丸焼けになった」


テレビ朝日/2018年3月30日放送
【脚本】
川崎いづみ/【原作】中山七里
※ テレビ情報誌等では【1話】【2話】と表記されていますが、放送時のタイトル画面には【アリスの回】【シンデレラの回】とありましたので、当ブログはそちらに準拠します。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実 [単発]

「教えられて わかることは身につかない。ひとが気づいたことに、なぜ自分は気づけなかったか。取材したことをひとつひとつ検証するのも記者の仕事」



「取材は捨て身で体当たり(が基本)。ムダなこと たくさんやって可能性を消していくことで、いつか暗闇の中にある真相にたどり着く」



「記者がなにを書こうが、事件なんて また起きる。このネット社会、新聞をみんなが読んでると思ってんのは、新聞記者の思い上がり」


テレビ東京/2018年3月30日放送
【脚本】
羽原大介/【原作】本城雅人
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

真夜中のスーパーカー [単発]

「(オレは)日系ブラジル人――。知らねえよ。日本で生まれたし、ずっと日本だし。生まれたときから、なんでか外人だし。誰も頼んでねえし。選んでねえし」



「新機能満載で環境にも優しい車? オレたちはエアコンか。冷蔵庫か」



「レジェンドをリスペクトするのはいい。だがな、盲目的に神様扱いすると、かえって、おまえさん、足をすくわれるぞ」



「(2000GTは)開発開始から、一号車完成まで1年弱。異常だろ。カロリーヌ6台分の値段で売っても、作るだけ赤字が出る。あり得ないだろ。いったい何のためだったと思う? 時代の要請さ。時代がそれを望んだんだ。(中略) オレたちはな、アメリカ相手に戦ったんだ。日本が敗戦国として健気に復興を目指していた間はアメリカにも余裕があった。しかし、高度成長のあとは態度が変わった。(中略) 貿易が自由化し、アメリカ・ビッグ3の車が日本で安く買えるようになりゃ、国産車は太刀打ちできない。そんな危機感が募った。(中略) 国産車は欧米に負けないと、世界に証明する。それが戦争に負けた世代のリベンジだった」



「あのころの自動車業界には戦争中、戦闘機を作っていたひとたちがいっぱいいた。(自分が作った飛行機でたくさんの若者が死んでいった。)だから、たくさんのひとを幸せにする自動車を作れる世の中になって、どんなにうれしかったか。愛情たっぷりに、『愛車』と呼んで可愛がってもらえるような車を作る仕事が、どんなに誇らしかったか」



「いつ、どこで生まれるかなんて、人間、誰も選べねえけど、誰を信じて、誰について行くかは自分で選べるもんな」


NHK BSプレミアム/2018年3月28日放送
【脚本】
會川昇
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

ストリートワイズ・イン・ワンダーランド ―事件の方が放っておかない探偵―・壱岐島 鬼伝説編 [単発]

「この世界には裏があり、秘密がある。財宝やロマンがそこかしこに眠っている。そして、手の届くささやかな幸せや喜びがたくさんある。オレはそっちを数えて生きる」


フジテレビ/2018年3月26日深夜放送
【脚本】
上田誠角田貴志
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

東京コンフィデンシャル [単発]

「(憎い相手を殺さないのは)別に法律を守っているわけじゃない。(中略) 法律によってわたしたちは我慢をさせられているだけなんです」



「法律はすべての人間にとって万能じゃないんです。問題なのは、法律の欠点を埋める方法がないっていうことなんです」


TOKYO MX2/2018年3月25日深夜放送
【脚本】
藤原良
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

小野田さんと、雪男を探した男 ~鈴木紀夫の冒険と死~ [単発]

「あのとき、オレの中では2つの日本があった。アメリカに支配された偽の日本政府と、中国大陸に潜伏する真の日本政府。ラジオから流れてくるのは偽の日本。真の日本は大陸に潜み、台湾やアジアの国々と連携して力を蓄えている。日本はそういう戦い方をしてるんだと思っていた。だから、戦争に負けたと言われても、捜索隊が来ても、すべて裏を読んだ。疑う材料なんか、いくらでも作れる。すべてがオレの物語に符合してくるんだ。そして、実際、アメリカの戦闘機が頭上を飛んでいくのを見た。オレはついに日本が反撃に出たんだと思ったよ。(中略) 実際のところ、それは朝鮮戦争の戦闘機だったんだがな。でも、それが錯誤の入口だった。人間は自分の信じたい物語を信じてしまうんだよ」



「みんなが勝手に変わったんじゃねえか。戦争も、革命も、雪男も、みんな信じてたくせに、勝手にコロッと変わりやがって。オレたちはただ信じるものに、筋を通して戦っていた。そうだろ。そうしねえと、生きていけなかった。そうだろ。あんただって、ここ(ルバング島)にずっとこだわってて居たんだ、30年も。オレだって・・・オレだって(雪男探しから、もう)あとに戻れねえんだ」


NHK BSプレミアム/2018年3月25日放送
【脚本】
仲井陽
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

大女優殺人事件 ~鏡は横にひび割れて~ [単発]

「なんか悲しい事件だったっすね」
「事件はみんな悲しいんです」


テレビ朝日/2018年3月25日放送
【脚本】
長坂秀佳/【原作】アガサ・クリスティ
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

Q&A(第1回ピクシブ文芸大賞 大賞受賞作品) [単発]

「幼くして両親を亡くした子供は、政府の手厚い保護を受け、より上等な施設に行く。だが、ぼくたちのように両親に見捨てられた子供は、このような施設に入ることとなる。そう、親が先に死ぬことと、親が見放すこととの間には、天と地ほどの差があるのだ」


テレビ朝日/2018年3月24日深夜放送
【脚本】
石橋大助/【原作】小林大輝
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

どこにもない国・前編 [単発]

「人間はね、本当に死を目の前にすると、死ぬことを怖れるんじゃないんです。生きることを怖れるんですよ。戦う気力をなくしてしまう。そして、あきらめる」



「この満州には、飢えと、病気と、暴力におびえる無数の同胞たちがいます。それを救えるのは、もはや武力ではない。人間の信念だけです。その信念だけが、その(生きることへの)あきらめと戦う武器なんです」



「ユートピアというのは、もともとはギリシア語で『どこにもない国』という意味なんです。いえ、(存在しないのではなく、)ユートピアとは、もともと、われわれの中にしかないということです。われわれの理想、信念がそれを作り出していくんです。どこにもない国こそ、われわれ自身が最も試されている国なんです。つまり、われわれの心が国を作り出していくんです」



「男性はいつも外に戦う相手を見つけて、そのためになら、独りにでもなれるだけラクだわよね。だけど、わたしたち女性のほうが何倍も戦う力は強いのよ。そばにいるひとと支え合うのが、わたしたちの戦い方でしょ」



「所詮、あんたは学者なんだよ。知識はあっても、ひとの心なんか まったくわかってない。自分の考えだけを常に正しいと信じて、自分と同じように考えない人間に、それを押しつけようとしてるだけだろ」


NHK/2018年3月24日放送
【脚本】
大森寿美男
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

ともにすすむ サロン屋台村(熊本復興ドラマ) [単発]

「あん地震は、いろんなモンば壊した。家も仕事も、道も橋も、お城や神社や・・・そして、ひとの命も。そうばってんが、オレたちのここ(気持ち)だけは壊されんかったばい」



「壊されたっちゅうことはですよ、逆に新しゅう生まれたつも、いっぱいあるとですよ。こん屋台村もそう。(中略) なによりですよ、あん地震があってから、たくさんのひとたちとの、いっちょん知らんかったひとたちとの、出会いと絆の生まれたでしょうが」


BS-TBS/2018年3月24日放送
※脚本クレジットなし
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

平成物語・第1話 [単発]

「思い返しても逃げてばっかで、大人になっても逃げたくて、中途半端に逃げる道を探してる」


フジテレビ/2018年3月23日深夜放送
【脚本】
加藤拓也
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ